『人材育成』の労働関連コラム

2020.09.19 【Web限定ニュース】
DX人材育成へ 研修費最大100万円補助 愛媛県 NEW

 愛媛県は、デジタル変革を推進する人材の育成を支援するため、「愛媛県DX人材育成支援事業費補助金」を創設した。システム全体を俯瞰して思考できる人材や、新技術の専門技術者などのDX人材の育成支援をめざす。育成にかかる受講料や委託料、旅費や教材費などの研修費を対象に、最大100万円を補助する。  研修をオンラインで実施する場合でも申請できる。……[続きを読む]

2020.08.08 【書評】
【今週の労務書】『日本企業のタレントマネジメント 適者開発日本型人事管理への変革』

“対立構造”にあらず  企業が競争を勝ち抜くためには「タレント」が不可欠となる。そのため、タレントをいかに獲得・育成・引き留めるかを考える「タレントマネジメント」に注目が集まっている。  本書は「遅い選抜」「職能資格制度」「OJT中心の人材育成」「人事機能の集権化」に代表される日本型人事管理を採用してきた日本企業が、職務定義を中心に選抜し……[続きを読む]

2020.04.11 【書評】
【今週の労務書】『マネジメントスキル実践講座 部下を育て、業績を高める』

体系的な枠組みを示す  著者の研究や30年にわたる自身の経験を基に、マネジメントの技術を体系的に取りまとめたのが本書である。  効果的なマネジメントをするためのフレームワークとして、目標設定、職務分担、達成支援、仕上検証の4つの大項目からなるサイクルを挙げ、各8つずつ計32項目の具体的な取組みを提示。人材育成やイノベーション促進などの目的……[続きを読む]

2020.03.14 【書評】
【今週の労務書】『人材危機時代の日本の「グローバル人材」の育成とタレントマネジメント』

日本企業の課題明らかに  本書は、日本企業が「グローバル人材」を確保・育成していくうえでの問題点とその解決策を提言したもの。様ざまな要因から、優秀なグローバル人材が海外の企業を選択している状況にあると指摘している。  本書におけるグローバル人材とは、「グローバリゼーションを背景として、国境や国籍に縛られることなく自由にその才能を生かして移……[続きを読む]

2020.01.28 【Web限定ニュース】
外国人材定着に向け評価基準明確に 関東経済産業局がセミナー

 関東経済産業局は11月26日、外国人材活用促進セミナーを開催した。  (一社)留学生支援ネットワークの久保田学事務局長が、外国人材定着のための社内体制整備について説明した(写真)。  日本企業の課題として、能力と成果に応じた評価がなされないことや給与が低い点など、キャリアに対する外国人材の不満が圧倒的に多いことを挙げた。  採用目的・役……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ