電子申請講座を動画配信/ローズ社会保険労務士事務所 高橋 真由美

2020.09.19 【社労士プラザ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

ローズ社会保険労務士事務所 高橋 真由美 氏

 私は、平成30年12月にローズ社会保険労務士事務所を静岡市に開業した。

 31年4月からは、静岡労働局雇用保険電子申請アドバイザーとして、申請側・審査側双方の立場を踏まえたアドバイスをしている。電子申請アドバイザーとして皆さんに電子申請普及活動を行うことは、雇用保険電子申請事務センター相談員だったころからの夢。開業間もない時期に静岡県社労士会の当時の支部長からお話をいただけたのは、非常に嬉しかった。

 私は、開業前の28年度の1年間だけ、同センターの相談員として審査業務に就いていたことがある。

 相談員として採用されたときはまだセンターが設置されていなかったため、同年4~7月にハローワークで研修を受けた。その際に私に仕事を教えてくださったのが、当時の適用係長。係長との出会いが、私にとても大きな良い影響を与えてくれた。

 仕事に対する姿勢、来所者が安心して話しやすい雰囲気の作り方、理路整然と分かりやすい説明の仕方、後輩との接し方。研修期間はたった3カ月ではあったが、係長の姿からとても多くのことを学んだだけでなく、社会保険の専門的な知識を活かして働く自信をつけることができた。同年8月からは労働局内にある同センターの勤務になったが、こちらも職員の皆さんもとても穏やかで雰囲気も良く、安心して仕事できる環境であった。

 そして現在、電子申請アドバイザーとしての活動は2年目を迎えた。令和2年度に入ってから、相談内容が変わったことを本当に実感している。昨年度までは、e-Govからの申請が主流だったが、今年4月から「GビズID」を取得して日本年金機構の届書作成プログラム経由で申請できるようになり、これに関する問い合わせが増えた。

 新型コロナの影響で電話による相談対応が増えたが、操作している画面を見せて説明すればすぐに伝わるようなことがうまく伝えられず、説明が終わると一気に疲労感が押し寄せることが増えた。そこで、皆さんにいつでも気軽にみていただけるようにYouTubeに「社労士まゆゆの電子申請講座」を開設し、無料で公開している。今年11月に予定されているe-Govの更改後はさらに内容を充実させたいと考えている。

 新型コロナの影響により、不要な外出が制限される中、今後、行政手続きの電子化はさらに加速していくであろう。その中で、より利用していただくために、私はこれからも自分の事務所運営と同様に電子申請アドバイザーとしても精力的に活動していきたい。

ローズ社会保険労務士事務所 高橋 真由美【静岡】

【webサイトはこちら】
https://peraichi.com/landing_pages/view/roseoffice

令和2年9月21日第3273号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ