労働者が伐木中に頚椎骨折 労災かくしで林業者を送検 宮古労基署

2020.06.10 【送検記事】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 岩手・宮古労働基準監督署は、労働者が頚椎骨折を負う労働災害が起きたにもかかわらず、いわゆる労災かくしを図ったとして、林業の陸中造林㈲(岩手県宮古市)と同社代表取締役を、労働安全衛生法第100条(報告等)違反の疑いで盛岡地検宮古支部に書類送検した。

 労災は令和元年1011日、岩手県宮古市の伐採現場で発生した。労働者が伐木作業中、伐木した木から枯れ木のような物体が落下し、労働者に接触した。

 労働者は頚椎を骨折し4日以上休業したにもかかわらず、同社は労働者死傷病報告書を提出しなかった疑い。

【令和2年5月11日送検】

あわせて読みたい

ページトップ