クレーンの法定検査怠って書類送検 鉄板墜落災害から発覚 小樽労基署

2019.09.11 【送検記事】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 北海道・小樽労働基準監督署は、移動式クレーンの法定検査を実施しなかったとして、横川建設工業㈱(北海道古平郡古平町)と同社代表取締役を労働安全衛生法第45条(定期自主検査)違反の容疑で札幌地検小樽支部に書類送検した。平成31年2月、別法人に雇用される労働者が死亡する労働災害が発生していた。

 労災は、移動式クレーンで吊られていた鉄板が落下し、労働者に直撃するものだった。

 同社は、1カ月以上使用していなかった移動式クレーンを再度使用する際、法定の自主検査を実施していなかった疑い。

【令和元年8月6日送検】

あわせて読みたい

ページトップ