安全衛生優良企業を継続 2社に認定証交付 神奈川労働局

2019.02.08 【監督指導動向】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 神奈川労働局(三浦宏二局長)は1月31日、安全衛生優良企業の継続認定を受けた企業への認定証交付式を行った。継続認定を受けたのは、横浜市に本社を置く東電同窓電気㈱と(有)鈴木工業の2社。過去3年間に重篤な災害、法違反がないことや、過重労働防止やメンタルヘルス対策などへの取組みを評価した。

 両社は、平成27年の初回認定取得後も継続して従業員が安全で健康に働ける職場づくりに注力し、改めて厳しい基準をクリアした。

 厚生労働省による制度創設から3年。全国では、トヨタ自動車株式会社(愛知・豊田市)、有限会社ファン工業(大分市)、宮崎工業株式会社(宮城・加美郡)などが継続して認定を取得している。

あわせて読みたい

ページトップ