AKB48の太田奈緒さんを交え 「ハロトレ」のメディアツアーを開催 東京労働局

2019.01.07 【監督指導動向】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 東京労働局は、公共職業訓練(通称:ハロートレーニング)の認知度アップおよび活用促進に向けて、AKB48チーム8のメンバーである太田奈緒さんを交えたメディアツアーを開催した=左写真。AKB48チーム8は昨年9月、ハロートレーニングのアンバサダーに就任している。

 冒頭に挨拶した同労働局の前田芳延局長はチーム8がアンバサダーに就任した経緯を説明した。「トップアイドルをめざしているチーム8の境遇が、公的職業訓練を通じて成長をめざす訓練生と似ているため」と話している。

 ツアーでは、電気工事科、アパレルパタンナー科、若年者就業支援科、木工技術科を見て回った。アパレルパタンナー科では、太田さんが訓練生からミシンの使い方の指導を受け「初めてでも綺麗にできました」と満面の笑み。その後指導員が登場し、太田さんが着ている衣装と同じような形状に生地を裁断していく技能を披露した=右写真

 家具屋や木工作業場へ就職する訓練生が多い木工技術科では、スマホスタンドづくりを体験。トンカチの使い方などの指導を受けながら作品を完成させ、「指導員が優しく教えてくれました。達成感がある」(太田さん)とコメントした=中央写真

 全体の見学を終えた直後の会見では「訓練生から刺激を受けました。ハロートレーニングの認知度を広げていきたい」と今後の抱負を話している。

 厚労省によると、チーム8のメンバーが見学を行ったのは今回が6回目で、2019年度以降も続けていく方針だ。

あわせて読みたい

ページトップ