土砂崩落で労働者が死亡 土木工事業者を送検 直方労基署

2018.06.13 【送検記事】

 福岡・直方労働基準監督署は、地山崩落を防ぐ対策を怠ったとして、㈱大和土木(福岡県田川市)と同社現場責任者を労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で福岡地検飯塚支部に書類送検した。平成30年1月、同社労働者が死亡する労働災害が発生している。

 同社は福岡県宮若市内において、排水路取り換え工事を行っていた。死亡した労働者はコンクリート打設準備のため掘削溝内に入っていたところ、崩落してきた土砂に埋もれている。

 崩落した地山の法面はほぼ勾配がつけられていない垂直なもので、崩落の危険性が高い状態だったとみられる。

【平成30年5月11日送検】

あわせて読みたい

ページトップ