営業部門の違法残業で法人・管理職らを送検 名古屋東労基署

2017.09.04 【送検記事】

 愛知・名古屋東労働基準監督署は、時間外・休日労働に関する労使協定(36協定)を締結せずに違法な時間外労働を行わせたとして、土木・建築設計および工事請負業務を営む中日本建設㈱(愛知県名古屋市東区)と同社代表取締役社長、および営業部長の計1法人2人を労働基準法第32条(労働時間)違反などの容疑で名古屋地検に書類送検した。

 同社は平成28年3~6月、36協定を締結せずに営業部門の労働者3人に対して違法な時間外労働を行わせていた疑い。1月当たりの最大残業時間数は60時間程度だった。

 労働者からの告訴により違法残業が発覚した。

【平成29年8月4日送検】

あわせて読みたい

ページトップ