無資格者に玉掛けさせ送検 製造ライン改修中に労災起こす 浜田労基署

2017.08.04 【送検記事】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

画像はイメージです

 島根・浜田労働基準監督署は、無資格者に玉掛けを行わせたとして瓦製造業の㈱石州川上窯業(島根県浜田市)と同社製造部長を労働安全衛生法第61条(就業制限)違反の容疑で松江地検浜田支部に書類送検した。平成29年2月、同社労働者が左手指を骨折して4日以上休業する労働災害が発生している。

 同社は製造ラインの改修作業を行っていた際、玉掛け資格を有していない被災者に、吊り上げ荷重2.8トンのクレーンの玉掛け業務を行わせていた。この時被災者が、クレーンで吊り上げた機械とその下に設置していた台木の間に左手の指を挟み骨折している。

【平成29年6月26日送検】

あわせて読みたい

ページトップ