移動式クレーンが斜面へ転落 作業計画なく送検 鰍沢労基署

2017.07.10 【送検記事】

 山梨・鰍沢労働基準監督署は、労働者に移動式クレーンを使用させる際に作業計画を定めなかったとして建設業の㈱イナバ(山梨県南巨摩郡)と同社現場代理人を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で甲府地検に書類送検した。平成28年8月、同社労働者が死亡する労働災害が発生している。

 同社は、南巨摩郡の林道における工事現場において、労働者にコンクリート打設作業用の生コンクリートを移動式クレーンで動かす作業を行わせる際に、重機の転倒を防止するための作業計画を立てなかった疑い。被災者が生コンをバケットに入れた状態で重機を旋回したところ、バランスを崩して林道から斜面へ4.5メートル転落した。それに伴って被災者は運転席から投げ出され、外傷性窒息で死亡している。

【平成29年6月21日送検】

あわせて読みたい

ページトップ