「くるみんマーク」認定基準引き上げ 新たな認定制度「トライくるみん認定」創設 不妊治療と仕事との両立企業に「プラス」制度を新設(厚労省)

2022.03.14 【労働行政最新情報】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省は、次世代育成支援対策推進法(以下「次世代法」という。)施行規則を改正し、認定基準を改正するとともに、新たな認定制度「トライくるみん」を創設し、令和4年4月1日から施行する。

 さらに、不妊治療と仕事との両立に取り組む企業を認定する「プラス」制度を新設する。

 今回の改正のポイントは以下の通り。

改正点1 くるみん認定及びプラチナくるみん認定の認定基準の引き上げ

■「くるみん認定」は、次世代法に基づき、一定の要件を満たした企業が、子育てサポート企業として受けることができる認定制度。令和4年4月1日から、男性の育児休業等取得率の引き上げなど認定基準が改正される。

■「くるみんマーク」はくるみん認定を受けた企業が使用できるマークである。認定基準の引き上げに伴いマークが改正される。新しい「くるみんマーク」は、令和4年4月1日以降に、新基準の下で認定を受けた企業が使用できる。

■「プラチナくるみん認定」は、くるみん認定を受けた企業が、より高い水準の取組を行い、一定の要件を満たした場合受けることができる認定制度となる。令和4年4月1日から、男性の育児休業等取得率の引き上げなど認定基準が改正される。マークの変更はなし。

改正点2 くるみん認定及びプラチナくるみん認定の認定基準の引き上げを踏まえ、新たな認定制度「トライくるみん」が新設される。トライくるみんの認定基準は、現行のくるみん認定と同様。

改正点3 不妊治療と仕事との両立がしやすい環境整備に取り組む企業を認定する制度が新設される。3種類のくるみんマークに、それぞれ「プラス」が追加される。

 認定を受けるとマークを商品や広告、企業のウェブサイトなどに使用することができ、子育てサポート企業、不妊治療と仕事との両立に取り組む企業であることのアピールや、企業イメージの向上などに繋がることが期待できる。

▼詳しくはこちらをご覧ください。

子育てサポート企業「くるみんマーク」が 新しくなります!新たな認定制度「トライくるみん認定」・不妊治療と仕事との両立企業に「プラス」もスタート!
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_24410.html

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。