厚生労働省・国土交通省の令和4年度予算案の概要―建設業の人材確保・育成に向けた取組を実施(厚労省・国交省)

2021.12.27 【労働行政最新情報】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省及び国土交通省は、建設業の人材確保・育成に多角的に取り組むため、令和4年度予算案の概要を取りまとめた。

 「建設業の人材確保・育成に向けて(令和4年度予算案の概要)」のポイントは以下の通り。

1「人材確保」

 建設業への入職や定着を促すため、建設業の魅力の向上やきめ細かな取組を実施
 ・建設事業主等に対する助成金による支援 68.4億円
 ・建設キャリアアップシステム普及・活用等を通じた建設技能者の処遇改善 1.81億円 等

2「人材育成」

 若年技能者等を育成するための環境整備
 ・中小建設事業主等への支援 5.2億円
 ・地域建設産業の生産性向上及び持続性の確保 1100万円 等

3「魅力ある職場づくり」

 技能者の処遇を改善し、安心して働けるための環境整備
 ・働き方改革推進支援助成金による支援 66.0億円
 ・働き方改革推進支援センターによる支援 43.8億円
 ・建設産業の働き方改革の実現 1.35億円
 ・建設業許可等の電子申請化に向けた環境整備 3億円 等

▼詳しくはこちらをご覧ください。

建設業の人材確保・育成に向けた取組を進めていきます
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_22951.html

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。