忍者の「忍にん体操」で労災防げ 伊賀労基署が建設業に集団指導

2021.11.15 【監督指導動向】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 三重・伊賀労働基準監督署は、管内で増加している転倒災害を防止するため、建設事業者約50人を集めて集団指導を実施した。足腰を鍛えてもらうため、伊賀市が考案した「忍にん体操」を実演し、転倒予防を呼び掛けている(写真)。

 「忍にん体操」は、手を刀に見立てて指で空を切る「刀印」や壁を伝って走る「横走り」、バランスを保つ忍者のポーズなど、忍者の動きを独自に取り入れたもの。体に負荷がかかる体操のため、気分転換や体をほぐし、労働者らの災害防止につながることを期待している。

 同労基署管内では昨年、転倒による被災者が75人に上り、前年の56人から大幅に増加した。増加の背景には労働者の高年齢化もあるとみて、体操の実施など自主的な対策を促している。

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。