労働者が法定限度超えて放射線被ばく 防止措置怠った医療法人送検 仙台労基署

2021.10.12 【送検記事】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 宮城・仙台労働基準監督署は、放射線による健康障害の防止措置を怠ったとして、医療・社会福祉事業の医療法人松田会(宮城県仙台市)と同法人の理事長を労働安全衛生法第22条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで仙台地検に書類送検した。平成31年4月からの1年間、整形外科の医師をX線装置使用の診療業務に従事させたところ、同医師の皮膚の等価線量が法定限度である500ミリシーベルトを超えている。

 被災者が所属していた同法人の病院には、Ⅹ線装置を使用する業務に当たる労働者が複数人いたが、ほとんどは被災者のみが従事していた。同労基署は、「交替で作業させたり配置転換するなどの措置が必要だった」と話している。

【令和3年9月13日送検】

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。