新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金の対象となる休業期間及び申請期限を延長(厚労省)

2021.09.16 【労働行政最新情報】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚労省は、新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金(以下「休業支援金」という。)について、対象となる休業期間を本年11月までに延長することと併せ、申請期限を延長することを決定した。

 期限の変更については下表の通り。

(1)令和2年10月30日公表のリーフレットの対象となる方(下記のいずれかに該当する方)
・いわゆるシフト制、日々雇用、登録型派遣で働かれている方
・ショッピングセンターの休館に起因するような外的な事業運営環境の変化に起因する休業の場合
・上記以外の方で労働条件通知書等により所定労働日が明確(「週〇日勤務」など)であり、かつ、労働者の都合による休業ではないにもかかわらず、労使で休業の事実について認識が一致しない場合
(2)労働契約上、労働日が明確でない方(シフト制、日々雇用、登録型派遣)

▼詳しくはこちらをご覧ください。

新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金の対象となる休業期間及び申請期限を延長します
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_21071.html

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。