『茨城労働局』の労働関連コラム

2019.12.20 【監督指導動向】
製鉄所で安全パトロール 機械の挟まれ防止対策を確認 茨城労働局

 茨城労働局(福元俊成局長)は12月9日、JFE条鋼(株)鹿島製造所(茨城・神栖市)で安全パトロールを実施し、製鉄現場の労働災害防止対策を確認した。  福元局長は、工場内の歩車分離や機械設備の挟まれ・巻き込まれ災害防止対策を視察。団塊の世代の技術者の退職に伴って作られた技能伝承のための施設では、工具・保護具の安全な使用方法などを体感した。……[続きを読む]

2019.12.06 【監督指導動向】
死亡災害続発で緊急要請 2カ月間に墜落など8人 茨城労働局

 茨城労働局は、今年10~11月の間に8件の死亡労働災害が連続して発生したことを受け、労働災害防止団体を通じて事業場の安全衛生管理体制などの緊急点検を要請した。死亡災害発生件数は今年9月末まで近年最少の件数で推移していたが、10月以降に製造業、建設業で死亡災害が頻発した。10月にパルプ・紙・紙加工品製造事業場で工場内設備の撤去に伴う作業中……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ