『船舶修理業』の労働関連コラム

2015.10.27 【送検記事】
引火性の油類を除去せず溶断させ送検 木更津労基署

 千葉・木更津労働基準監督署(花坂泰秀署長)は、引火性の油類を除去せず配管を溶断させたとして、船舶修理業を営む極洋船舶工業(株)(千葉県館山市)と同社取締役を労働安全衛生法第20条(事業者の構ずべき措置等)違反の疑いで、千葉地検木更津支部に書類送検した。労働安全衛生規則では、溶接や溶断をする前に、引火性のある油類などを除去するよう求めてい……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ