『書類送検』の労働関連コラム

2019.02.15 【送検記事】
木の伐採中に枝から転落し死亡 看板製作会社を送検 四日市労基署 NEW

 三重・四日市労働基準監督署は、木の伐採中に労働者が転落死した労働災害で、㈱ハラ・スタヂオ(三重県四日市市)と同社の代表取締役を労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで、津地検四日市支部に書類送検した。  同社は看板製作・設置業を営んでいる。労働災害は平成30年9月5日に発生した。被災労働者が同社の敷地内に植えられた木……[続きを読む]

2019.02.14 【送検記事】
NC旋盤に巻き込まれ出血性ショックで死亡 安全対策怠った金属加工業者を送検 長野労基署 NEW

 長野労働基準監督署は、平成30年9月に発生した死亡労働災害の件で、金属工作機械用部品などの加工業・㈲滝沢製作所(長野県埴科郡坂城町)と同社取締役を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で長野地検上田支部に書類送検した。  同社は労働者にNC旋盤を使った研磨作業を行わせる際、回転軸に接触・巻き込まれの恐れがあったにもか……[続きを読む]

2019.02.13 【送検記事】
賃金273万円不払い 婦人服製造の2社を送検 八幡浜労基署 NEW

 愛媛・八幡浜労働基準監督署は、正社員3人に賃金を支払わなかったとして、田苗縫製㈲などを松山地検に書類送検した。平成29年1~8月、総額272万9622円を一切支払っていなかった。  送検されたのは計2法人1人。法人は、いずれも西予市内で婦人服等の製造を行っている田苗縫製とエモーション㈲。実行行為者は、田苗縫製で代表取締役を、エモーション……[続きを読む]

2019.02.12 【送検記事】
850キロの装置が倒れて労働者に直撃 フォークリフトの作業計画定めず送検 彦根労基署 NEW

 滋賀・彦根労働基準監督署は、フォークリフトを使わせる際に必要な作業計画を定めていなかったとして、製造業のf-プランニング(滋賀県愛知郡愛荘町)と同社製造部課長を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で大津地検に書類送検した。平成30年11月、労働者が死亡する労働災害が発生している。  同社は、滋賀県内の犬上工場におい……[続きを読む]

2019.02.12 【送検記事】
虚偽陳述で美容室を送検 割賃不払いの隠蔽図る 不払いでの立件は断念 大分労基署 NEW

 大分労働基準監督署は、割増賃金の不払いを隠蔽する目的で、労働基準監督官に虚偽の陳述などを行ったとして、㈲シュウズ・クラブ(大分県大分市)と同社の代表取締役を労働基準法第101条(虚偽の陳述等)違反の疑いで大分地検に書類送検した。  同社は大分市内で美容室を1店舗経営している。代表取締役は平成30年7月30日、同労基署の臨検監督に対し、虚……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ