『書類送検』の労働関連コラム

2021.01.19 【送検記事】
賃金430万円不払い 温泉旅館業者を書類送検 久留米労基署 NEW

 福岡・久留米労働基準監督署は、賃金を支払わなかったとして㈱原鶴温泉咸生閣(福岡県うきは市)と同社代表取締役を最低賃金法第4条(最低賃金の効力)違反の容疑で福岡地検久留米支部に書類送検した。  同社は旅館業を営んでいた。令和元年8月~2年2月、労働者9人に対して賃金総額429万1133円を支払わなかった疑い。  2年4月に破産手続を開始し……[続きを読む]

2021.01.13 【送検記事】
「受け口」作らせずに伐木 死亡労災で書類送検 名寄労基署

 北海道・名寄労働基準監督署は、令和2年5月に発生した死亡労働災害に関連して、建設業の園辺工業㈱(北海道紋別市)と同社代表取締役を労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で旭川地検名寄支部に書類送検した。伐木作業時に危険防止措置を講じなかった疑い。  同社は紋別市内の防風林において、労働者に胸高直径20センチメートル以上……[続きを読む]

2021.01.12 【送検記事】
技能実習生に防じんマスクさせず 足場修繕業者を送検 松本労基署

 長野・松本労働基準監督署は、ベトナム人技能実習生2人に防じんマスクなどの呼吸用保護具を使用させなかったとして、足場など仮設資材の修繕・整備を営む㈲飯田整備工業(長野県飯田市)と同社取締役を労働安全衛生法第22条(事業者の講ずべき措置等)違反などの疑いで長野地検松本支部に書類送検した。  技能実習生らはいずれも20代後半の男性で、長野県安……[続きを読む]

2021.01.11 【監督指導動向】
違反率7割 技能実習関係の監督結果 愛知労働局・令和元年

 愛知労働局は、外国人技能実習生の実習実施者に対して令和元年に実施した監督結果を公表した。932事業場に対して実施し、658事業場で労働基準関係法令違反が発覚している(違反率70.6%)。  主な違反事項をみると、労働時間関係が214件、安全基準が202件、割増賃金が130件などとなっている。  重大・悪質な事例として書類送検したケースは……[続きを読む]

2021.01.10 【送検記事】
1年間にわたって賃金不払い ウエディング業者送検 鹿児島労基署

 鹿児島労働基準監督署は、労働者に1年分の賃金を支払わなかったとして、ウエディングプロデュース業の㈱ハミングバード(鹿児島県鹿児島市)と同社代表取締役を最低賃金法第4条(最低賃金の効力)違反の容疑で鹿児島地検に書類送検した。  同社は平成30年5月~令和元年6月までの12カ月間、労働者6人に対して定期賃金790万円を支払わなかった疑い。令……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ