『書類送検』の労働関連コラム

2021.07.23 【送検記事】
左官労働者が墜落死 通路に手すり設けず 元請と下請を送検 三田労基署 NEW

 東京・三田労働基準監督署は、建設工事現場での墜落防止措置を怠ったとして、元請の㈱プライム(東京都板橋区)と同社現場代理人を労働安全衛生法第31条(注文者の講ずべき措置)違反、下請で個人事業主の八代工業(神奈川県横浜市)を同法20条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで東京地検に書類送検した。八代工業の労働者が高さ2.7メートルから墜落し……[続きを読む]

2021.07.07 【送検記事】
市販マスクでアーク溶接 臨検時の現認で送検 高岡労基署

 富山・高岡労働基準監督署は、アーク溶接作業時に防じんマスクなどを使用させなかったとして、金属製品製造業の㈱安達工業(富山県射水市)と同社課長を労働安全衛生法第22条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで富山地検高岡支部に書類送検した。労働者1人に対し、市販のマスクを使用させて作業に当たらせていた。  同労基署は今年3月、同社へ臨検に入っ……[続きを読む]

2021.07.05 【送検記事】
フォークリフトに労働者乗せ送検 高さ3メートルから転落死 四日市労基署

 三重・四日市労働基準監督署は、フォークリフトを用途外使用したとして、製袋業の㈱トーホー(東京都板橋区)と同社四日市工場の課長を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで津地検四日市支部に書類送検した。労働者がフォークリトの爪に付けた木製パレットから転落し、死亡している。  災害は令和3年2月5日に発生した。災害発生で前……[続きを読む]

2021.06.28 【送検記事】
KY活動実施も誘導員配置せず ショベル死亡災害で送検 所沢労基署

 埼玉・所沢労働基準監督署は、ドラグ・ショベルとの接触の恐れがある場所に労働者を立ち入らせたとして、土木工事請負業を営む「アロウ」の個人事業主(埼玉県川越市)を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いでさいたま地検に書類送検した。アロウで雇用していた労働者がショベルと貨物自動車の間に挟まれ、死亡している。KY活動は実施し……[続きを読む]

2021.06.23 【送検記事】
賃金6000万円以上支払わず 飲食業など3法人を送検 津山労基署

 岡山・津山労働基準監督署は、労働者48人に対して賃金6000万円以上を支払わなかったとして、飲食業の㈱コローネ、農業のコローネファーム、福祉・介護業の社会福祉法人菜花の里(いずれも岡山県津山市)と、3法人の代表取締役兼常務理事の計3法人1人を最低賃金法第4条(最低賃金の効力)違反の疑いで岡山地検津山支部に書類送検した。  同社は令和元年……[続きを読む]

ページトップ