『墜落災害』の労働関連コラム

2020.01.01 【よく読まれた記事】
ビル清掃員の墜落死が相次ぐ 業界へ対策周知を依頼 東京労働局【2019年下半期 よく読まれた記事】

労働新聞社Webサイトに2019年に掲載した記事で、2019年下半期にアクセス数が多くよく読まれている人気の記事を再紹介していきます。 2019年03月22日 【監督指導動向】  東京労働局は、都内のビルメンテナンス業で死亡災害が多発していることを受けて、ホームページや(公社)東京ビルメンテナンス協会を通じて事業場へ対策の徹底を呼びかけて……[続きを読む]

2019.10.07 【監督指導動向】
台風被害の復旧工事で墜落災害 対策徹底を呼び掛ける 千葉労働局

 千葉労働局(友藤智朗局長)は、今年9月に台風15号で被害を受けた建物などの復旧作業で労働災害防止対策を徹底するよう、県内の労働災害防止団体、事業者団体の長に依頼した。  復旧作業は通常の作業とは異なる非定常作業にあたる。建設業労働災害防止協会千葉県支部など19団体に宛てた通知では、工場などで従業員に工場、店舗、事務所等の復旧作業を行わせ……[続きを読む]

※写真はイメージ
2019.03.22 【監督指導動向】
ビル清掃員の墜落死が相次ぐ 業界へ対策周知を依頼 東京労働局

 東京労働局は、都内のビルメンテナンス業で死亡災害が多発していることを受けて、ホームページや(公社)東京ビルメンテナンス協会を通じて事業場へ対策の徹底を呼びかけている。今年に入ってからすでに3人の作業者が、ブランコを使ってビルの窓ガラスを清掃するロープ高所作業中に墜落死している。  1月に発生した災害では、墜落防止のためのライフラインを設……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ