『労災』の労働関連コラム

2019.02.21 【送検記事】
造船ドック内で労働者が墜落死 防止措置の不実施で福岡造船など送検 福岡中央労基署 NEW

 福岡中央労働基準監督署は造船ドック内で労働者が墜落死した労働災害で、㈱小堀船舶工業(福岡県福岡市)と同社の67歳の現場責任者、福岡造船㈱(福岡県福岡市)と同社の33歳の現場責任者を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで福岡地検に書類送検した。  労働災害は平成30年2月2日、福岡造船のドック内で起きた。ドックでは化……[続きを読む]

2019.02.20 【監督指導動向】
アルバイトに36協定超えの残業させるケースなど 滋賀労働局・平成30年書類送検状況 NEW

 滋賀労働局は、平成30年に管内の労働基準監督署が実施した司法処分の状況を取りまとめた。計10件を書類送検しており、内訳は労働基準法違反1件に対して、労働安全衛生法違反が9件だった。  労基法違反で送検されたのは、飲食業などを営む㈱ビーバーレコード(=関連記事)。アルバイト労働者に対して36協定で定める時間外・休日労働の限度時間を超えて労……[続きを読む]

2019.02.19 【送検記事】
硫化水素中毒 救出作業時に空気呼吸器使用させず産廃業者を送検 3人が被災 飯田労基署 NEW

 長野・飯田労働基準監督署は、硫化水素濃度が一定の濃度を超える状態の場所で救出作業を行う際、労働者に空気呼吸器を使用させなかったとして、㈱南信サービス(長野県下伊那郡松川町)と同社業務部長を労働安全衛生法第22条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で長野地検飯田支部に書類送検した。平成29年9月、労働者3人が硫化水素中毒になる労働災害が発……[続きを読む]

2019.02.18 【送検記事】
梁と高所作業車に挟まれ死亡 計画未策定で鋼構造物工事業者を送検 沼津労基署 NEW

 静岡・沼津労働基準監督署は高所作業車と天井の梁の間に労働者が挟まれ死亡した労働災害で、㈱英真工業(愛知県名古屋市)と同社の現場責任者を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで静岡地検沼津支部に書類送検した。高所作業車の作業計画を定めていなかった。  同社は鋼構造物工事業を営んでいる。労働災害は平成30年9月6日に、同……[続きを読む]

2019.02.15 【送検記事】
木の伐採中に枝から転落し死亡 看板製作会社を送検 四日市労基署

 三重・四日市労働基準監督署は、木の伐採中に労働者が転落死した労働災害で、㈱ハラ・スタヂオ(三重県四日市市)と同社の代表取締役を労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで、津地検四日市支部に書類送検した。  同社は看板製作・設置業を営んでいる。労働災害は平成30年9月5日に発生した。被災労働者が同社の敷地内に植えられた木……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ