『労災』の労働関連コラム

2018.12.12 【送検記事】
台風復旧工事現場で労災 屋根踏み抜いて労働者が12メートル墜落 西野田労基署・個人事業主を送検 NEW

 大阪・西野田労働基準監督署は、台風復旧工事現場内の安全対策を怠ったとして、スレート屋根葺き替え工事業を営む個人事業主(大阪府東大阪市)を労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で大阪地検に書類送検した。平成30年9月、大阪市西淀川区において、工場の屋根を補修していた労働者が重傷の怪我を追う労働災害が発生している。  被……[続きを読む]

2018.12.10 【送検記事】
危険防止措置、特別教育の不実施で送検 30歳の労働者が感電死する労災発生 武生労基署 NEW

 福井・武生労働基準監督署は30歳の男性労働者が感電死した労働災害で、㈱ムック(福井県鯖江市)と同社の代表取締役を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)、第59条(安全衛生教育)違反の疑いで福井地検に書類送検した。 同社は電気工事業を営んでいる。労働災害は平成30年9月10日、福井県越前市内の会社社屋建設工事現場で起きた。男性労……[続きを読む]

2018.12.07 【送検記事】
物置小屋の屋根から墜落し労働者が死亡 建設業の個人事業主を送検 庄内労基署 NEW

 山形・庄内労働基準監督署は73歳の男性労働者が物置小屋の屋根から墜落し死亡した労働災害で、建設業を営む個人事業主を労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで山形地検鶴岡支部に書類送検した。 労働災害は平成30年9月20日に、山形県東田川郡の個人宅の物置小屋の補修工事現場で起きた。男性労働者は物置小屋の屋根(高さ3.84……[続きを読む]

2018.12.06 【送検記事】
作業主任者選任せず送検 死亡労災端緒に発覚 京都上労基署

 京都上労働基準監督署は、コンクリート造のビル解体工事現場において作業主任者を専任していなかったとして、解体業の㈱大坪組(京都府京都市南区)と同社代表取締役を労働安全衛生法第14条(作業主任者)違反の容疑で京都地検に書類送検した。平成30年1月15日、同社に派遣されていた労働者がビルの屋上の開口部から墜落して負傷する労働災害が発生している……[続きを読む]

2018.12.05 【送検記事】
清掃作業中にプラント動作し死亡災害 建設業者を書類送検 川崎南労基署

 神奈川・川崎南労働基準監督署は、機械の清掃作業中における動作防止措置を講じなかったとして、建設業の㈱アシスト(東京都町田市)および同社の取締役と現場リーダーの計1法人2人を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで、横浜地検川崎支部に書類送検した。 平成30年6月、神奈川県川崎市の工事現場において、セメントと水を攪拌す……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ