『労災』の労働関連コラム

2020.10.23 【送検記事】
フォークリフト 逸走防止せず送検 別会社の労働者が下敷きに 須崎労基署 NEW

 高知・須崎労働基準監督署は、フォークリフトの逸走防止措置を講じなかったとして、鮮魚卸売業の㈲丸和商店(=まるかずしょうてん、高知県須崎市)と同社代表取締役を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で高知地検に書類送検した。令和2年7月、別会社の労働者が死亡する労働災害が発生している。  労災は、須崎市内の魚市場で発生し……[続きを読む]

2020.10.21 【送検記事】
労働者2人が生き埋めで1人死亡 土砂崩壊対策を講じずに送検 鳴門労基署 NEW

 徳島・鳴門労働基準監督署は、平成31年4月に発生した労働災害に関連して長谷川牧場(徳島県鳴門市)の事業主を労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で徳島地検に書類送検した。土砂崩壊による危険防止措置を講じていなかった疑い。  労災は、牧場敷地内で排水管埋設作業を行っていた際に発生した。長谷川牧場の労働者2人および同牧場……[続きを読む]

2020.10.07 【送検記事】
墜落防止措置を講じず送検 解体現場で脊椎損傷労災 横浜北労基署

 神奈川・横浜北労働基準監督署は、令和2年3月に発生した労働災害に関連して、解体業の㈲エヌ・エヌ・コーポレーション(神奈川県小田原市)と同社現場代理人を労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で横浜地検に書類送検した。足場を組み立てるなどして作業床を設ける、労働者に墜落制止用器具(いわゆる安全帯)を使用させるといった対策……[続きを読む]

2020.10.05 【送検記事】
労働者が両下肢全廃に 接触防止措置講じず労災 土木工事業者を送検 秋田労基署

特定自主検査も実施せず  秋田労働基準監督署は、運転中のローラーとの接触防止措置を講じなかったとして、㈲安井(秋田県南秋田郡五城目町)と同社取締役を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で秋田地検に書類送検した。令和2年3月、労働者が両下肢全廃の後遺症が残る重症のケガを負う労働災害が発生している。  同社は、舗装工事や……[続きを読む]

2020.09.28 【送検記事】
無資格者がフォークリフト運転 取引先労働者の死亡労災で送検 三条労基署

 新潟・三条労働基準監督署は、無資格の労働者にフォークリフトを運転させていたとして古紙卸売業の㈱小林先二商店(新潟県見附市)と同社代表取締役およびフォークリフトを運転していた同社労働者の計1法人2人を、労働安全衛生法第61条(就業制限)違反の疑いで新潟地検長岡支部に書類送検した。取引先の労働者にフォークリフトが激突し、死亡する労働災害が発……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ