『労災』の労働関連コラム

2020.04.03 【送検記事】
派遣労働者が被災 建設業者の代表者を書類送検 立入禁止措置を講じず 北見労基署 NEW

 北海道・北見労働基準監督署は、令和元年6月に発生した労働災害に関連して、「新工業」の代表者(北海道北見市=建設業)を労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で釧路地検北見支部に書類送検した。同代表者の下に派遣されて足場組立作業に従事していた労働者が、落下してきた資材に直撃して7カ月休業している。  労災は、北海道紋別郡……[続きを読む]

2020.04.01 【送検記事】
羊小屋から墜落し死亡災害 建築工事業者を送検 秩父労基署 NEW

 埼玉・秩父労働基準監督署は、墜落防止措置を講じなかったとして、建築工事業の㈲中村住建(埼玉県秩父市)と同社取締役を安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置など)違反の疑いでさいたま地検に書類送検した。  平成30年12月1日、秩父市羊山公園の羊の飼育小屋で屋根材の取付け工事を労働者に行わせた際、囲いや手すり、覆いなどを設けさせていなかっ……[続きを読む]

2020.03.30 【送検記事】
安全装置なく爆発で死亡災害 プラント施工業者を送検 福岡労働局 NEW

 福岡労働局は、安全装置が備えられていないタンクを使用させていたとして、プラント設計・施工事業を営む6次下請の㈲フジ・グローバル・ジャパン(静岡県富士宮市)と同社会長および現場責任者である4次下請会社役員の計1社2人を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置など)違反などの疑いで福岡地検飯塚支部に書類送検した。平成30年10月13日、……[続きを読む]

2020.03.29 【送検記事】
支柱パイプの水平つなぎ1方向にしか設けず送検 労働者5人が床ごと墜落 品川労基署 NEW

 東京・品川労働基準監督署は、型枠支保工の支柱を十分に設けなったとして、元請業者の東急建設㈱(東京都渋谷区、寺田光宏代表取締役)と同社工事現場担当者および下請業者である型枠支保持工設置担当の㈱小島建設(東京都武蔵村山市、小島紀彦代表取締役)と同社工事職長の計2社2人を、労働安全衛生法第31条(注文者の講ずべき措置)や同法第20条(事業者の……[続きを読む]

2020.03.21 【送検記事】
スレート屋根踏抜きで死亡労災 板金工事業者を送検 長崎労基署

 長崎労働基準監督署は、平成30年9月に発生した死亡労働災害に関連して、板金工事業の㈱ニューテックハマナカ(長崎県長崎市)と同社代表取締役および現場責任者である係長の計1法人2人を労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で長崎地検に書類送検した。  労災は、西彼杵郡時津町の工場におけるスレート屋根補修工事現場で発生した。……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ