『労災』の労働関連コラム

2021.06.11 【監督指導動向】
労災の死傷者5800人超え 5年連続増加に 千葉労働局 NEW

 千葉労働局が公表した令和2年の県内労働災害発生状況によると、死傷者数は5878人で、5年連続増加していることが分かった。業種別にみると、陸上貨物運送業が990人で、前年から14.3%の大幅増加となっている。建設業でも672人と同10.5%増加した。  型別では「転倒」が最も多く、全体の2割以上を占めた。次いで、「動作の反動、無理な動作」……[続きを読む]

2021.06.10 【社説】
【ひのみやぐら】切れ・こすれは身近な災害 NEW

 カッターや包丁を使っているとき、思わず指や手を切ってしまった経験を誰もが持っているに違いない。もし、ないという人がいたならば、かなり幸運な星の下に生まれたとお見受けする。日常生活のなかで、身体を傷つけてしまう「切れ・こすれ」が少なからず起きてしまうように、仕事中では身近に発生する労働災害だ。  切れ・こすれが起きるケースで多いのは、包丁……[続きを読む]

2021.06.09 【監督指導動向】
死傷者数は2.2%減 死亡者数は7人増加 静岡労働局 令和2年の労災集計 NEW

 静岡労働局は、令和2年の労働災害発生状況を集計した。休業4日以上の死傷者数は4354人で、前年比2.2%減少している。  業種別では、製造業や建設業で減少がみられ、それぞれ11.3%(162人)減少の1267人、1.7%(8人)減少の459人だった。  死亡者数は24人で、7人増加している。[続きを読む]

2021.06.09 【送検記事】
ロール機の安全装置を怠る 製鉄等を行う業者を送検 豊橋労基署 NEW

 愛知・豊橋労働基準監督署は、機械に対する危険防止措置を講じなかったとして、製鉄・鉄鋼・圧延業のトピー工業㈱(東京都品川区)と同社安全衛生管理の責任者を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で名古屋地検豊橋支部に書類送検した。令和2年11月、同社労働者が左前腕を切断する労働災害が発生している。  労災は、同社豊橋製造所……[続きを読む]

2021.06.08 【送検記事】
労働者が右腕挟まれ重傷 機械止めないまま清掃させ送検 成田労基署 NEW

 千葉・成田労働基準監督署は、危険防止措置を怠ったとして、清掃・と畜業の㈱佐久間(千葉県千葉市)と同社責任主任を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで千葉地検に書類送検した。労働者が機械に右前腕を挟まれ、重傷を負う労働災害が発生している。  災害は令和2年12月9日、印西市に所在する同社の印西リサイクルセンターで発生……[続きを読む]

ページトップ