『労災』の労働関連コラム

2020.07.12 【監督指導動向】
令和元年の労災 死亡者数は過去最少の3人 山梨労働局・集計 NEW

 山梨労働局は、令和元年(平成31年)の休業4日以上の労働災害発生状況をとりまとめた。死亡者数は過去最少の3人、死傷者数は前年比29人減の801人だった。  死傷者数の内訳をみると、製造業210人(26.2%)、商業118人(14.7%)、建設業106人(13.2%)などとなっている。  型別では…[続きを読む]

2020.07.07 【送検記事】
伐倒木の「回転」を防がず送検 枝が直撃の死亡労災で 富岡労基署 NEW

 福島・富岡労働基準監督署は、令和元年10月に発生した死亡労働災害に関連して、建設業の㈱LinK(福島県郡山市)と同社現場代理人を労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で福島地検いわき支部に書類送検した。杭止めや歯止めなどによる伐倒木の転落を防がなかった疑い。  労災は、福島県双葉郡の村道で発生した。労働者が道に倒れた……[続きを読む]

2020.07.05 【監督指導動向】
死傷者数が5%減少 茨城労働局・令和元年度の労災

 茨城労働局は、令和元年(平成31年)の茨城県内における労働災害発生状況を取りまとめた。休業4日以上の死傷者数は2966人で、前年に比べて4.9%(154人)減少している。  業種別にみると、製造業884人(前年比10人・1.1%減)、商業407人(同8人、1.9%減)、陸上貨物運送事業375人(同19人、4.8%減)――などとなっている……[続きを読む]

2020.07.03 【送検記事】
フォークリフトの用途外使用で送検 「牽引」させた疑い 上田労基署

 長野・上田労働基準監督署は、フォークリフトを用途外使用させたとして、建築設備工事業の㈲コイデ重機(長野県上田市)と同社取締役を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で長野地検上田支部に書類送検した。令和元年11月、上田市内の工事現場において死亡労働災害が発生している。  同社は、労働者にフォークリフトを使用して給湯タ……[続きを読む]

2020.07.01 【送検記事】
「合図」を周知せず書類送検 林業で死亡労災 函館労基署

 北海道・函館労働基準監督署は、平成31年3月に発生した死亡労働災害に関連して、山越郡森林組合(北海道二海郡八雲町)と同法人業務課長を労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で函館地検に書類送検した。  同法人は、労働者に立木の伐木作業を行わせる際、伐倒に関する一定の合図を関係労働者に周知していなかった疑い。さらに、労働……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ