string(38) "/column/column_tag/%E5%8A%B4%E7%81%BD/"
string(10) "column_tag"

『労災』の労働関連コラム

2018.08.10【送検記事】
高圧電流に接触して被災 感電対策怠った電気工事業者を送検 名古屋西労基署

 愛知・名古屋西労働基準監督署は、電気による危険を防止する措置を講じなかったとして、新栄電気㈱(愛知県清須市)と同社現場責任者を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で名古屋地検に書類送検した。平成29年12月、名古屋市西区内の変電所配電室において、労働者が電撃症により重傷を負う労働災害が発生している。 被災した労働者……[続きを読む]

2018.08.10【送検記事】
廃棄作業中に頭を打ち死亡 フォーク下げずに運転席から離れさせた事業者を送検 都留労基署

 山梨・都留労働基準監督署はコンテナに廃棄物を入れる作業中に54歳の男性労働者が頭を強く打ち死亡した労働災害で、光洋化学㈱(東京都渋谷区)と同社の上野原工場の工場長を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで甲府地検に書類送検した。  同社の上野原工場では建築関係で使う粘着テープを製造していた。労働災害は平成29年9月……[続きを読む]

2018.08.08【送検記事】
作業計画定めずフォークリフトで作業 製造業者を書類送検 大船渡労基署

 岩手・大船渡労働基準監督署は、フォークリフト使用時に作業計画を定めていなかったとして、製造業の㈱志田産業(岩手県大船渡市)と同社代表取締役を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで盛岡地検一関支部に書類送検した。 平成30年4月、同社労働者がフォークリフトを運転していたところ、旋回した際にフォークリフトが横転、投げ出……[続きを読む]

2018.08.08【監督指導動向】
陸運業 労災増加受けてパトロール実施 岡山労働局・初の試み

 岡山県内において、平成29年の陸上貨物運送事業における休業4日以上の死傷災害が前年比で12.3%増加したことを受け、岡山労働局は岡山県トラックターミナル㈱で局長パトロールを実施した=写真。陸運業での局長パトは、同労働局では初めての試み。 当日は、①プラットホームの整理・整頓の確認、②台車、ロールボックスパレットの転倒防止対策の状況、③プ……[続きを読む]

2018.08.08【監督指導動向】
神戸製鋼の大型クレーン倒壊で対策本部設置 2人死亡、複数人がケガ 兵庫労働局

 兵庫労働局は神戸製鋼高砂工場(兵庫県高砂市荒井町新浜)の敷地内で大型クレーンが倒壊し、2人の労働者が下敷きになり死亡した災害事故の発生を受け、7月27日に「大型移動式クレーン倒壊災害対策本部」を設置した。  災害事故は7月26日に起きた。死亡した2人のほか、複数のケガ人がいるという。  同対策本部は原因究明と再発防止、迅速な労災補償……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ