『労災』の労働関連コラム

2024.06.11 【ひのみやぐら】
【ひのみやぐら】油断で起こるヒューマンエラー

 1メートルは一命とる――。低い箇所からの墜落でも、身体の打ちどころによっては、命とりになりかねないという意味を持つ安全講話ではお馴染みの言葉だ。作業をするときは、低い箇所といえども安全に配慮し、気をつけなければならない。今号、「安全衛生眺めてみれば」では徒然草の一節、「高名の木登り」を用いて油断や自信過剰が原因となるヒューマンエラーにつ……[続きを読む]

2024.06.08 【送検記事】
移動式クレーンが横転し3人被災 アウトリガーを張り出さずに送検 松江労基署

▽就業制限でも違反  島根・松江労働基準管区は、移動式クレーンのアウトリガーを張り出さなかったとして、㈱吉田水産(島根県隠岐郡隠岐の島町)と同社代表取締役社長を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで松江地検に書類送検した。令和5年8月、労働者3人が負傷する労働災害が発生している。  労災は、隠岐の島町の重栖港岸壁で発……[続きを読む]

2024.05.29 【送検記事】
「塩」を備えず書類送検 草刈り中の熱中症労災で 大町労基署

 長野・大町労働基準監督署は、多量の発汗を伴う作業場に塩を備え付けていなかったとして、農業の㈱乳川の里(長野県北安曇郡松川村)と同社取締役を労働安全衛生法第22条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで長野地検松本支部に書類送検した。令和5年7月、労働者が熱中症を原因として死亡する労働災害が発生している。  労災は、松川村内の水田で発生した……[続きを読む]

2024.05.28 【ひのみやぐら】
【ひのみやぐら】安全週間で「中間チェック」を

 今年も全国安全週間準備期間が6月1~30日、本週間が7月1~7日に行われる。年度末で何かと慌ただしい3月、新たに就任した職長に対する講習、労働災害を起こしやすい新入社員の教育を経て、管理体制も整い、ようやく年間の取組みの佳境となるのが6月ではなかろうか。年の半ばに位置する6、7月は全国安全週間にかかる。この機会に事業場の施策について、分……[続きを読む]

2024.05.19 【送検記事】
ベルトコンベヤーに非常停止装置を設けず 産廃業者を送検 下松労基署

 山口・下松労働基準監督署は、令和5年12月に発生した労働災害に関連して、解体業・産廃業の㈱ミツヤマ(山口県光市)と同社代表取締役を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反などの疑いで山口地検岩国支部に書類送検した。ベルトコンベヤーに非常装置を備えていなかった疑い。  労災は、熊毛郡田布施町の同社産業廃棄物中間処理場で発生した……[続きを読む]

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。