『労災かくし』の労働関連コラム

2020.02.19 【送検記事】
フォークリフトに轢かれたのに「階段から落ちた」 虚偽報告で書類送検 中之条労基署・運輸業者を

 群馬・中之条労働基準監督署は、虚偽の内容を記した労働者死傷病報告書を提出したとして、群北運輸㈱(群馬県吾妻郡嬬恋村)と同社取締役を労働安全衛生法第100条(報告等)違反の容疑で前橋地検に書類送検した。平成29年7月、同社倉庫で労働者が荷卸し作業中にフォークリフトと接触して4日以上休業する労働災害が発生していた。  同社は労災発生から約2……[続きを読む]

2020.02.04 【送検記事】
1次下請が労災かくし 元請の相談から発覚 延岡労基署・送検

 宮崎・延岡労働基準監督署は、休業4日以上の労働災害が発生したにもかかわらず労働者死傷病報告を遅滞なく提出しなかったとして、土木工事業の㈲太陽緑化(宮崎県東臼杵郡美郷町)と同社代表取締役を労働安全衛生法第100条(報告等)違反の容疑で宮崎地検延岡支部に書類送検した。令和元年6月、同社労働者が胸椎1本、腰椎3本を骨折して3カ月以上休業する労……[続きを読む]

2020.01.15 【送検記事】
会社の「自首」で労災かくしが発覚 食料品製造業者を送検 名寄労基署

 北海道・名寄労働基準監督署は、労働者死傷病報告書を遅滞なく提出しなかったとして、野菜などの加工を行う食料品製造業の滝上産業(北海道紋別郡滝上町)と同社専務取締役を労働安全衛生法第100条(報告等)違反の容疑で旭川地検名寄支部に書類送検した。平成30年12月に同社労働者が負傷する労働災害が発生していた。  被災した労働者は同社本社工場にお……[続きを読む]

2019.12.27 【送検記事】
送電線工事での労災かくし 元請と下請業者を送検 三次労基署

 広島・三次労働基準監督署は、いわゆる労災かくしを行ったとして、1次下請の林業の㈲三門林産(広島県神石郡神石高原町)および同社代表取締役と、元請である電線メンテナンス業の電力調査㈱(広島県安芸郡坂町)および同社前代表取締役ら3人の計2法人4人を労働安全衛生法第100条(報告等)違反などの疑いで、広島地検に書類送検した。  労災は、平成29……[続きを読む]

2019.12.23 【送検記事】
労災かくしで工事業者を送検 工期の遅れ懸念し報告怠る 大分労基署

 大分労働基準監督署は、いわゆる労災かくしを行ったとして、中山工業㈱(福岡県筑紫野市)と同社の代表取締役を労働安全衛生法第100条(報告等)違反の疑いで大分地検に書類送検した。  労働災害は平成31年2月18日に、大分県大分市内の2階建て仮設ハウスの組立て現場で起きた。同社は現場に1次下請として入場していた。40歳代後半の男性労働者が2階……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ