『労働行政』の労働関連コラム

2022.07.07 【主張】
【主張】裁量制拡大は健康優先で NEW

 厚生労働省の有識者検討会が裁量労働制の見直しに向けた議論を進めるなか、政府は6月7日に閣議決定した「規制改革実行計画」で、検討会での議論を加速し、令和4年度中に結論を得る方針を示した。裁量労働制は、柔軟な働き方として生産性の向上に寄与する効果が期待される一方で、労働者側の裁量が小さかったり、業務量が過大だったりした場合には長時間労働につ……[続きを読む]

2022.07.05 【労働行政最新情報】
毎月勤労統計調査 令和4年5月分結果速報(厚労省) NEW

 厚生労働省より「毎月勤労統計調査 令和4年5月分結果速報」が公表された。  ポイントは以下の通り。 ○ 現金給与総額は277,016円(1.0%増)となった。うち一般労働者が357,047円(1.2%増)、パートタイム労働者が97,600円(1.9%増)となり、パートタイム労働者比率が30.88%(0.08ポイント上昇)となった。なお、……[続きを読む]

2022.07.05 【労働行政最新情報】
令和3年 労働安全衛生調査(実態調査)結果(厚労省) NEW

 厚生労働省は、令和4年7月5日、「令和3年労働安全衛生調査(実態調査)」の結果を取りまとめ、公表した。  令和3年は事業所が行っている安全衛生管理、労働災害防止活動及びそこで働く労働者の仕事や職業生活における不安やストレス、受動喫煙等の実態について、常用労働者を10人以上雇用する民営事業所から無作為に抽出した約14,000事業所並びに当……[続きを読む]

2022.07.01 【労働行政最新情報】
令和3年度個別労働紛争解決制度の施行状況―「いじめ・嫌がらせ」が最多、「解雇」は前年度より減少(厚労省) NEW

 厚生労働省は、令和4年7月1日、「令和3年度個別労働紛争解決制度の施行状況」をまとめ、公表した。  ポイントは以下の通り。 1 総合労働相談件数、助言・指導の申出件数、あっせんの申請件数は前年度より減少  総合労働相談件数は124万2,579件で、14年連続で100万件を超え、高止まり 2 民事上の個別労働紛争における相談件数、助言・指……[続きを読む]

2022.07.01 【労働行政最新情報】
一般職業紹介状況(令和4年5月分)―有効求人倍率は1.24倍(厚労省) NEW

 厚生労働省は令和4年4月分の一般職業紹介状況を公表した。 【ポイント】 ○令和4年5月の有効求人倍率は1.24倍で、前月に比べて0.01ポイント上昇。 ○令和4年5月の新規求人倍率は2.27倍で、前月に比べて0.08ポイント上昇。  令和4年5月の数値をみると、有効求人倍率(季節調整値)は1.24倍となり、前月を0.01ポイント上回った……[続きを読む]

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。