『労働行政』の労働関連コラム

2020.04.07 【監督指導動向】
「雇用調整助成金」に関する相談がめだつ 栃木労働局が集計 NEW

 栃木労働局は、新型コロナウイルスによる感染症の影響に伴う事業主・労働者などから寄せられた相談状況を取りまとめた。相談内容の半数以上を「雇用調整助成金」関係が占めている。  令和2年3月27日時点で、相談件数は合計1142件に上る。相談者の内訳は、事業主が52.6%と最も多く、社会保険労務士が21.6%、労働者が16.5%などと続く。  ……[続きを読む]

2020.04.06 【送検記事】
セラヴィリゾート泉郷を書類送検 1カ月で160時間近い違法残業 甲府労基署 NEW

 山梨・甲府労働基準監督署は、時間外・休日労働に関する労使協定(36協定)で定めた限度時間を超えて、労働者4人に違法な時間外労働を行わせたとして、㈱セラヴィリゾート泉郷(東京都豊島区)を労働基準法第32条(労働時間)違反の容疑で甲府地検に書類送検した。併せて、同社が山梨県北杜市内で運営するリゾート施設「ネオオリエンタルリゾート八ヶ岳高原」……[続きを読む]

2020.04.05 【送検記事】
賃金232万円不払い 建設業者を書類送検 北見労基署 NEW

 北海道・北見労働基準監督署は、労働者に賃金を支払わなかったとして、建設業の㈲岡本興電社(北海道常呂郡訓子府町)と同社代表取締役を最低賃金法第4条(最低賃金の効力)違反の容疑で釧路地検北見支部に書類送検した。  同社は労働者2人に対し、平成30年8月と11月、31年2月と4月、および令和元年5~6月の計6カ月の賃金を支払わなかった疑い。不……[続きを読む]

2020.04.03 【送検記事】
派遣労働者が被災 建設業者の代表者を書類送検 立入禁止措置を講じず 北見労基署 NEW

 北海道・北見労働基準監督署は、令和元年6月に発生した労働災害に関連して、「新工業」の代表者(北海道北見市=建設業)を労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で釧路地検北見支部に書類送検した。同代表者の下に派遣されて足場組立作業に従事していた労働者が、落下してきた資材に直撃して7カ月休業している。  労災は、北海道紋別郡……[続きを読む]

2020.04.01 【送検記事】
羊小屋から墜落し死亡災害 建築工事業者を送検 秩父労基署 NEW

 埼玉・秩父労働基準監督署は、墜落防止措置を講じなかったとして、建築工事業の㈲中村住建(埼玉県秩父市)と同社取締役を安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置など)違反の疑いでさいたま地検に書類送検した。  平成30年12月1日、秩父市羊山公園の羊の飼育小屋で屋根材の取付け工事を労働者に行わせた際、囲いや手すり、覆いなどを設けさせていなかっ……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ