string(56) "/column/column_tag/%E5%8A%B4%E5%83%8D%E8%A1%8C%E6%94%BF/"
string(10) "column_tag"

『労働行政』の労働関連コラム

2018.10.18【送検記事】
2年連続死亡労災 九頭竜森林組合を今年2度目の書類送検 大野労基署 NEW

 福井・大野労働基準監督署は、荷役作業中の安全対策を怠ったとして、九頭竜森林組合(福井県大野市)と同組合課長を労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で福井地検に書類送検した。平成30年7月、同組合の労働者が死亡する労働災害が発生している。 被災した労働者は別の労働者とともに、貨物自動車に原木を積み込む作業に従事していた……[続きを読む]

2018.10.18【社説】
【主張】将来を約束する能力開発 NEW

 厚生労働省の平成30年版労働経済白書(労働経済の分析)によると、欧米諸国と比較して企業の能力開発費が著しく低レベルにあることが改めて浮き彫りとなった。 日本を技術立国として次世代に引き継ぐには、第4次産業革命においてイノベーションの主導的立場を取り戻し、その成果を産業や社会生活に広く取り入れていく必要がある。日本の将来に向け極めて重要な……[続きを読む]

2018.10.17【送検記事】
賃金と残業代313万円不払い 飲食業者を送検 須崎労基署 NEW

 高知・須崎労働基準監督署は、労働者に賃金などを支払わなかったとして、飲食業の㈱マルセイShimeno Creative Foods(高知県土佐市)と同社代表取締役を最低賃金法第4条(最低賃金の効力)および労働基準法第37条(時間外、休日及び深夜の割増賃金)違反の容疑で高知地検に書類送検した。 同社は労働者5人に対して平成29年5月~30……[続きを読む]

2018.10.17【監督指導動向】
いじめ・嫌がらせの相談件数が最多 個別労働紛争の相談件数 広島労働局・29年度 NEW

 広島労働局は、平成29年度の個別労働紛争解決制度に関する施行状況を取りまとめた。パワハラを含む「いじめ・嫌がらせ」の相談件数が6年連続でトップだった。 総合労働相談件数は2万5338件(前年比7.1%減)で、このうち民事上の個別労働紛争相談件数が6668件(同1.5%減)を占めた。内訳をみると多い順に、いじめ・嫌がらせ1783件、自己都……[続きを読む]

2018.10.17【送検記事】
ダンプトラックごと崖下へ転落 誘導員配置せず送検 宮崎労基署 NEW

 宮崎労働基準監督署は、車両系荷役運搬機械の一種であるダンプトラックを使った作業に関する安全対策を怠ったとして、建設業の㈱宮本組(宮崎県西都市)と同社現場代理人を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で宮崎地検に書類送検した。平成30年4月、宮崎県児湯郡西米良村の土木工事現場において、同社労働者が負傷し長期休業する労働……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ