『労働局』の労働関連コラム

2022.08.18 【監督指導動向】
違反率66.5% 健診、墜落などの違反めだつ 岐阜労働局・令和3年 監督結果 NEW

書類送検は合計17件  岐阜労働局は、令和3年の監督指導結果を公表した。2829事業場に監督指導を行い、1882事業場で労働関係法令違反が発覚している。違反率は66.5%。  主な項目別で最も違反率が高かったのは「健康診断」の18.1%で、定期健康診断が年1回実施されていない、健診有所見者の結果について医師に意見聴取していないなどのケース……[続きを読む]

2022.08.16 【監督指導動向】
6割弱が新型コロナ関連に 令和3年の業務上疾病発生状況 愛知労働局・集計 NEW

 愛知労働局は、令和3年の業務上疾病発生状況を取りまとめた。4日以上の休業を伴う疾病は939人となり、このうち530人(56.4%)を新型コロナウイルス感染症関連が占めている。  新型コロナウイルスに次いで割合が高かったのは、294人(31.3%)を占める災害性腰痛だった。  併せて、定期健康診断の有所見率も公表した。定期健診を受診した労……[続きを読む]

2022.08.15 【よく読まれた記事】
建設業 上限規制周知へ3カ年計画展開 東京労働局【2022年上半期 よく読まれた記事】 NEW

労働新聞社Webサイトに2022年に掲載した記事で、2022年上半期にアクセス数が多くよく読まれている人気の記事を再紹介していきます。 2022年4月19日掲載【労働新聞】  東京労働局(辻田博局長)は、令和6年度から建設業に時間外労働の上限規制が適用されることを受け、今年度からの3カ年計画で「働き方改革推進総合対策」に取り組む。管下の労……[続きを読む]

2022.08.15 【よく読まれた記事】
雇調金不正 720万円受給で企業名を公表 神奈川労働局【2022年上半期 よく読まれた記事】 NEW

労働新聞社Webサイトに2022年に掲載した記事で、2022年上半期にアクセス数が多くよく読まれている人気の記事を再紹介していきます。 2022年1月17日掲載【労働新聞 ニュース】  神奈川労働局(川口達三局長)は、新型コロナウイルス特例の雇用調整助成金を不正受給した事業主1社を、県内で初めて公表した。飲食サービス業の㈱ジャパンコーポレ……[続きを読む]

2022.08.13 【監督指導動向】
65歳定年が微増の17.3% 大阪労働局 高年齢者雇用状況・集計 NEW

 大阪労働局は「令和3年 高年齢者雇用状況等報告」を公表した。65歳定年を採る企業は17.3%で、前年結果から1.6ポイント増加している。規模別では21~30人が18.8%で最も高く、31~300人は17.8%、301人以上は13.2%だった。  70歳までの就業確保措置に取り組んでいる企業は全体の21.6%。具体的な取組みでは「継続雇用……[続きを読む]

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。