『助成金』の労働関連コラム

2019.09.22 【社労士プラザ】
「三方良し」の精神で/社会保険労務士 大澤事務所 所長 大澤 朝子

 さいたま市で社労士事務所を開業して26年になる。  地縁なし、顧客なしのゼロからの出発で、飛び込み訪問やDM発送で営業活動をする傍ら、社労士受験講座の講師や執筆などの「副業」で、なんとか事務所経営を維持してきた。  現在は、幹線道路沿いに事務所を構え、縁あって当所に業務を任せてくれる大切な顧客のために、日々手続き業務を中心に事業を行って……[続きを読む]

2019.08.01 【社説】
【主張】改正法へ助成金の活用を

 来年4月から改正労働基準法の罰則付き時間外労働上限規制が中小企業に適用される。労働者に過労死ラインを超えるほどの時間外労働をさせている中小企業は少なくなく、改正法適用に向けて改善を始める必要がある。「働き方改革」が真に成功するか否かは、多数の中小企業に懸かっているのは明らかである。  厚生労働省では、全ての労働基準監督署に労働時間相談・……[続きを読む]

2019.05.07 【監督指導動向】
働き方改革で「共同宣言」 労働局と社労士会――茨城県で

 茨城労働局と茨城県社会保険労務士会は、茨城県内における労使双方の働き方改革推進に向けて「共同宣言」を行った。今後、平成30年4月に施行された働き方改革関連法の円滑な施行に向けて、共同して様ざまな取組みを進めていく方針だ。  たとえば、同労働局が推進する助成金制度などの取組みについて、社労士が顧問先に伝える。同労働局が開くセミナーで、社労……[続きを読む]

2019.01.14 【書評】
【今週の労務書】『従業員50名未満限定 最強の「労務管理」』

助成金受給へ三帳簿整備  リスクを回避して、助成金がもらえる会社の作り方――この副題が示すとおり、助成金に焦点を当てたのが本書の特長だ。  厚生労働省が用意する助成金だけでも多様な種類が用意されていると示す。たとえば雇用環境の整備に向けた「キャリアアップ助成金」では、その中に正社員化コース、賃金規定等改定コース、健康診断制度コースなどがあ……[続きを読む]

2018.08.26 【社労士プラザ】
採用問題の解決策提示へ/アステージ社労士・行政書士事務所 佐藤 壱磨

 生まれ育った大阪で開業して約10年、振り返ればいろんな会社とかかわることができたと思う。 開業当時から行政書士との兼業で、会社の立上げから許認可申請、その後の顧問業務までかかわってきた。そんななかで、最初は小規模からスタートした会社が順調に売上げを伸ばし、人材を積極的に採用し拡大していくケースがある一方で、同じようにスタートしたものの売……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ