『一時金』の労働関連コラム

2020.08.10 【よく読まれた記事】
8割出社なら一時金3万円 住友生命【2020年上半期 よく読まれた記事】

労働新聞社Webサイトに2020年に掲載した記事で、2020年上半期にアクセス数が多くよく読まれている人気の記事を再紹介していきます。 2020年05月25日掲載【労働新聞】  住友生命保険相互会社(大阪府大阪市、橋本雅博取締役代表執行役社長)は、全社的に在宅勤務を推奨するなか、業務上の必要から出社する人材に1.5万~3万円の一時金を支給……[続きを読む]

2019.09.19 【Web限定ニュース】
平均妥結額は88万円 前年から3.8万円減少 愛知県・19年夏季一時金

 愛知県は、2019年夏季一時金の要求・妥結状況を取りまとめた。平均の妥結額と月数は順に88万936円・2.78カ月で、前年から3万3830円・0.11カ月減少している。  調査は愛知県内の民間企業のうち労働組合のある430企業を対象に実施し、回答を得られた340社の集計を行ったもの。回答企業の239社を製造業が占めている。  平均妥結額……[続きを読む]

2019.09.05 【Web限定ニュース】
夏のボーナスは平均74万円 前年比2年ぶりの減少に 静岡県

 静岡県は、2019年の県内企業の夏季一時金の要求・妥結状況を公表した。それによると、同県内企業の平均妥結額は73万9616円で、前年の妥結額である75万5476円から2.10%減り、2年の減少となった。支給月数は2.53カ月で、前年の2.58カ月からこちらも減少している。  業種別にみると、製造業は79万9390円(支給月数2.67カ月……[続きを読む]

2017.05.01 【書評】
【見逃していませんか?この本】入社6年目の若手からみた「労組活動」とは?/塩田武士『ともにがんばりましょう』

塩田武士といえば、昨年刊行され話題を呼んだ、”グリコ・森永事件”をモチーフにした『罪の声』の著者というイメージが強いだろうか。第7回山田風太郎賞受賞、『週刊文春ミステリーベスト10』第1位、第38回吉川英治文学新人賞ノミネート――と、文壇で話題を読んだ一冊だ。[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ