『デジタルデバイド』の労働関連コラム

2019.05.18 【書評】
【今週の労務書】『非正社員改革 同一労働同一賃金によって格差はなくならない』

立法介入の必要性問う  非正社員の雇用の不安定性や低処遇に関し、著者は「二重の意味で私的自治の範疇に属する事象であった」と指摘する。  二重の意味とは、第一に正社員との格差が日本型雇用システムに内包され、そのシステムが元来、労使により自主的に形成されてきたこと、第二に非正社員の地位が、契約自由の範囲内で生じていることを指す。これら二重の自……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ