違反率は79.5% 接客娯楽業では9割超え 令和元年の監督結果 沖縄労働局

2020.11.11 【監督指導動向】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 沖縄労働局は、令和元年(平成31年)に実施した定期監督指導結果について取りまとめた。1990事業場に立ち入り、1582事業場で労働基準法関係の法令違反が発覚している。違反率は79.5%。

 違反率を業種別にみると、接客娯楽業90.8%、商業86.6%、運輸交通業81.3%などとなっている。

 条文別では、労働時間に関する労働基準法第32条が21.4%、割増賃金に関係する同法第37条が17.4%とめだつ。健康診断(労働安全衛生法第66条)関係も10.1%と少なくない。

あわせて読みたい

ページトップ