会社の「自首」で労災かくしが発覚 食料品製造業者を送検 名寄労基署

2020.01.15 【送検記事】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 北海道・名寄労働基準監督署は、労働者死傷病報告書を遅滞なく提出しなかったとして、野菜などの加工を行う食料品製造業の滝上産業(北海道紋別郡滝上町)と同社専務取締役を労働安全衛生法第100条(報告等)違反の容疑で旭川地検名寄支部に書類送検した。平成30年12月に同社労働者が負傷する労働災害が発生していた。

 被災した労働者は同社本社工場において、右手をベルトコンベヤーに巻き込まれて3カ月程度休業していた。

 同社は、労災によって労働者が4日以上休業したにもかかわらず遅滞なく報告をしなかった疑い。

 「同社が自首するかたちで労災が発覚した」(同労基署)という。

【令和元年12月10日送検】

あわせて読みたい

ページトップ