一般職業紹介状況 令和4年3月分及び令和3年度分―令和3年度平均の有効求人倍率は前年度に比べて0.06ポイント上昇(厚労省)

2022.04.26 【労働行政最新情報】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省は令和4年3月分及び令和3年度分の一般職業紹介状況を公表した。

【ポイント】
○令和4年3月の有効求人倍率は1.22倍で、前月に比べて0.01ポイント上昇。
○令和4年3月の新規求人倍率は2.16倍で、前月に比べて0.05ポイント低下。
○令和3年度平均の有効求人倍率は1.16倍で、前年度に比べて0.06ポイント上昇。

 令和4年3月の数値をみると、有効求人倍率(季節調整値)は1.22倍となり、前月を0.01ポイント上回った。

 新規求人倍率(季節調整値)は2.16倍となり、前月を0.05ポイント下回った。

 正社員有効求人倍率(季節調整値)は0.94倍となり、前月を0.01ポイント上回った。

 3月の有効求人(季節調整値)は前月に比べ0.2%増となり、有効求職者(同)は0.6%減となった。

 3月の新規求人(原数値)は前年同月と比較すると7.5%増となった。

 これを産業別にみると、製造業(22.0%増)、情報通信業(16.9%増)、運輸業,郵便業(12.6%増)などで増加となり、教育,学習支援業(1.6%減)で減少となった。

 都道府県別の有効求人倍率(季節調整値)をみると、就業地別では、最高は福井県の2.05倍、最低は沖縄県の0.85倍、受理地別では、最高は福井県の1.89倍、最低は沖縄県の0.78倍となった。

 令和3年度平均の有効求人倍率は1.16倍となり、前年度の1.10倍を0.06ポイント上回った。

 令和3年度平均の有効求人は前年度に比べ9.5%増となり、有効求職者は3.9%増となった。

▼詳しくはこちらをご覧ください。

一般職業紹介状況(令和4年3月分及び令和3年度分)について
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_25302.html

関連キーワード:

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。