『36協定』の労働関連コラム

2022.01.05 【送検記事】
フランチャイズ店の従業員に違法残業 小売業者を送検 豊田労基署

 愛知・豊田労働基準監督署は、従業員に違法な時間外労働を行わせたとして、小売業の合同会社CVS西三河(愛知県岡崎市)と同社で複数の店舗を管理していた統括店長を労働基準法第36条(時間外および休日の労働)違反などの疑いで名古屋地検岡崎支部に書類送検した。  同社は令和2年の9~10月、小売店のフランチャイズ加盟店である同社が経営する店舗の従……[続きを読む]

2021.12.27 【送検記事】
運輸業 運行管理者の残業が100時間超え 是正指導繰り返すも改善せず 広島北労基署が送検

24時間体制で労働時間伸びやすく  広島北労働基準監督署は、運行管理者2人に対して36協定の特別条項を超える時間外労働を行わせたとして、一般貨物自動車運送業の㈱エムケー(広島県東広島市)と同社の西風新都営業所長を労働基準法第32条(労働時間)違反の疑いで広島地検に書類送検した。数年にわたって是正指導を繰り返していたが、今年6月に監督した際……[続きを読む]

2021.12.27 【よく読まれた記事】
36協定を超えた時間外労働で送検 1カ月117時間働かせ 柏労基署【2021年下半期 よく読まれた記事】

労働新聞社Webサイトに2021年に掲載した記事で、2021年下半期にアクセス数が多くよく読まれている人気の記事を再紹介していきます。 2021年7月26日掲載【送検記事】  千葉・柏労働基準監督署は、運転士2人に対し違法な時間外労働を行わせたとして、運送業の幸運トラック㈱(長崎県大村市)と同社柏営業所長を労働基準法第32条(労働時間)違……[続きを読む]

2021.11.07 【監督指導動向】
違反率85.2% 労働時間関係は53.7% 令和2年・自動車運転者使用事業場の監督結果 北海道労働局

 北海道労働局は、令和2年に自動車運転者を使用する事業場に対して実施した監督結果を公表した。162事業場に監督を行い、労働基準関係法令違反が85.2%に当たる138事業場で発覚している。  主な違反は、労働時間が53.7%で最も多く、割増賃金が27.2%で続いた。  監督指導を実施した事業場における労働時間削減に関する取組み事例も明らかに……[続きを読む]

2021.08.15 【監督指導動向】
月80時間超は28事業場 愛知労働局 令和2年・過重労働解消期間の監督結果

 愛知労働局は、令和2年11月に実施した「過重労働解消キャンペーン」における重点監督の結果を公表した。監督指導を行った816事業場のうち、31.1%に当たる254事業場で違法な時間外・休日労働が発覚している。  254事業場のうち、時間外・休日労働の実績が最も長い労働者の時間数が1カ月80時間を超えるケースは28事業場だった。  賃金不払……[続きを読む]

ページトップ


ご利用いただけません。