『陸運業』の労働関連コラム

2019.12.11 【監督指導動向】
物流現場へパトロール 東京労働局 荷役作業の対策を確認

 東京労働局(土田浩史局長)は11月22日、ヤマト運輸㈱羽田クロノゲートベース店で安全パトロールを実施した。国内最大規模の物流拠点で行われている労災防止策の確認と陸運業への労災防止意識啓発が狙い。  冒頭あいさつで土田局長は、「荷台からの転落や車両に挟まれるなどの労働災害が目立っている。災害の7割は荷役作業中に発生しており、災害の防止には……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ