『長時間労働』の労働関連コラム

2020.05.11 【送検記事】
36協定締結せず違法な時間外労働 締結後も協定時間を超えて労働させ 宿泊業者を送検 金沢労基署

 石川・金沢労働基準監督署は、労働者1人に対し違法な時間外労働を行わせたとして、温泉・宿泊業の㈱西インターレストハウス(石川県金沢市)と同社取締役総務部長を、労働基準法第32条(労働時間)違反の疑いで金沢地検に書類送検した。最長で1ヵ月77時間の時間外労働をさせていた。  同社は平成29年7月~30年5月までの間、36協定(時間外・休日労……[続きを読む]

2020.05.08 【送検記事】
是正指導も改善せず 労働者5人に長時間労働行わせる 旅館業者を送検 西宮労基署

 兵庫・西宮労働基準監督署は、違法な時間外労働を行わせたとして、旅館業の㈱ホテルニューアワジ神戸(兵庫県神戸市)と同社の総務部長を、労働基準法第32条(労働時間)違反の疑いで神戸地検に書類送検した。  同社は令和元年6~9月、フロントやレストランで働く労働者5人に対し、36協定(時間外・休日労働に関する労使協定)を超えて時間外労働を行わせ……[続きを読む]

2020.05.07 【送検記事】
アルバイト労働者に違法な時間外労働を行わせ モンテローザを送検 刈谷労基署

 愛知・刈谷労働基準監督署は、違法な時間外労働を行わせたとして、飲食業の㈱モンテローザ(東京都新宿区)と同社エリアマネージャーを、労働基準法第40条(労働時間及び休憩の特例)違反の疑いで名古屋地検岡崎支部に書類送検した。  同社は平成29年12月~30年1月、愛知県刈谷市にある同社の居酒屋で働く20代の男性アルバイト労働者1人に対し、36……[続きを読む]

2020.05.03 【助言・指導 あっせん好事例集】
【助言・指導 あっせん好事例集】残業過多を理由に無断欠勤続く 懲戒解雇で退職金不支給に

 長時間労働で疲労困ぱいの従業員が、残業時間の短縮を願い出ました。ところが、直属上司(班長)が取り合おうとしないため、口論に発展しました。  怒り心頭の従業員は、それから20日間、無断欠勤を続けた結果、会社から懲戒解雇されてしまいました(退職金も全額不支給)。 当事者の主張 従業員  トラブル発生前、1カ月の残業時間は70時間、夜勤6回と……[続きを読む]

2020.05.02 【送検記事】
違法な時間外労働を行わせ 運送業者を送検 熊本労基署

 熊本労働基準監督署は、36協定(時間外・休日労働に関する労使協定)を超える違法な時間外労働を行わせたとして、運送業の㈲北部運送(熊本県北区)と同社労務管理者を、労働基準法第32条(労働時間)違反の疑いで熊本地検に書類送検した。  同社は令和元年8月16日と30日の2日間、違法な時間外労働を行わせた疑い。拘束時間は16時間を超えていた。……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ