『賃金不払い』の労働関連コラム

2019.09.15 【送検記事】
賃金23万円不払いで婦人服小売業者を書類送検 以前には遅配も 札幌中央労基署 NEW

 北海道・札幌中央労働基準監督署は、平成30年3~4月、労働者2人に賃金を支払わなかったとして、婦人服小売業の㈱マノア(札幌市北区)と同社マネージャーを最低賃金法第4条(最低賃金の効力)違反の容疑で札幌区検に書類送検した。  労働者2人に対する不払い総額は、約23万円だった。  同社は平成30年4月に事実上の倒産をしている。  同労基署は……[続きを読む]

2019.09.12 【送検記事】
労働者5人に61万円の賃金不払い 建材の販売・取付工事業者を送検 松本労基署 NEW

 長野・松本労働基準監督署は、労働者5人に計61万円の賃金を支払わなかったとして、伊藤硝子総業㈱(長野県塩尻市)と同社の代表取締役を最低賃金法第4条(最低賃金の効力)違反の疑いで長野地検松本支部に書類送検した。  同社は、ガラス・アルミサッシなどの建材の販売・取付工事などを営んでいた。代表取締役は計5人の労働者に約1カ月分の賃金計61万3……[続きを読む]

2019.09.09 【監督指導動向】
67.8%で労基関係法令違反 平成30年監督指導結果 埼玉労働局 NEW

 埼玉労働局は、平成30年に県内8つの労働基準監督署が実施した監督指導の結果を取りまとめた。定期監督を2806事業場に対し実施し、1902事業場(67.8%)で何らかの労働基準関係法令違反が認められた。このうち、重大・悪質な違反として、14事業場を送検している。主な違反項目は労働時間が767件で最も多く、安全基準が395件、割増賃金が39……[続きを読む]

2019.08.26 【送検記事】
名ばかり管理職 残業代計145万円の不払いで送検 労働者の告訴で発覚 松本労基署

 長野・松本労働基準監督署は、労働者1人に計145万円の残業代を支払わなかったとして、㈲ライトウェイト(長野県塩尻市)と同社の代表取締役を労働基準法第37条(割増賃金)違反などの疑いで長野地検松本支部に書類送検した。労働者は管理監督者として扱われ、残業代が一切支払われていなかったが、実態はいわゆる「名ばかり管理職」だった。  同社は自動車……[続きを読む]

2019.08.20 【監督指導動向】
墜落・転落、賃金不払いめだつ 静岡労働局・平成30年度書類送検状況

 静岡労働局は、平成30年度に管内7労働基準監督署が処分した書類送検状況を取りまとめた。賃金不払いや墜落・転落などの未実施がめだつ。  送検件数は21件で、内訳は労働基準法・最低賃金法の合計が8件なのに対し、労働安全衛生法関係が13件だった。前者では8件中7件を定期賃金の不払い事案が占めている。後者をみると、…[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ