『賃金不払い』の労働関連コラム

2020.02.12 【送検記事】
1カ月の賃金41万円を不払い 土木工事業者を書類送検 福井労基署 NEW

 福井労働基準監督署は、労働者1人に対して平成31年2月の定期賃金41万2158円を支払わなかったとして、土木工事業の松村幸建設㈱(福井県福井市)と同社代表取締役を最低賃金法第4条(最低賃金の効力)違反の容疑で福井区検に書類送検した。  同労基署は、その他の期間・労働者絵の不払いの有無や不払いの理由、捜査の端緒について一切明らかにしていな……[続きを読む]

2020.02.03 【送検記事】
技能実習生を時給610円で働かせる 縫製業を送検 残業は時給500円 葛城労基署

 奈良・葛城労働基準監督署は時給610円でベトナム人技能実習生を働かせたとして、㈲ティー・ワイ・プロダクツ(奈良県大和高田市)と同社の代表取締役を最低賃金法第4条(最低賃金の効力)違反などの疑いで奈良地検に書類送検した。  同社は主として女性子供服製造業を営んでいる。代表取締役は平成30年1月1日~10月31日までの間、3人の技能実習生に……[続きを読む]

2020.01.30 【社説】
【主張】賃金消滅時効3年は妥当

 厚生労働省が今通常国会に提出する労働基準法改正案によると、賃金請求権の消滅時効期間について、改正民法とのバランスを踏まえ「5年」とするものの、当分の間は「3年」を維持する内容となった。本紙では、以前から賃金台帳などの記録保存義務期間に合わせて3年程度とすべきと主張しており(令和元年6月10日号2面本欄参照)、妥当な判断と評価できる。  ……[続きを読む]

2020.01.29 【送検記事】
時給750円で雇用して書類送検 最賃以下に設定の和菓子店 淡路労基署

 兵庫・淡路労働基準監督署は、最低賃金額未満の時給で労働者を雇用していたとして、「原口松竹堂」の屋号で和菓子製造販売業を営んでいる個人事業主の男性(兵庫県洲本市)を最低賃金法第4条(最低賃金の効力)違反の容疑で神戸地検に書類送検した。  同個人事業主は令和元年5~6月、労働者2人に対して賃金を適切に支払っていなかった疑い。時給を、当時の兵……[続きを読む]

2020.01.08 【送検記事】
美容師など5人に3カ月分の賃金支払わず 運営会社を送検 沼津労基署

 静岡・沼津労働基準監督署は労働者5人に3カ月分の賃金を全く支払わなかったとして、㈲丸五商店(静岡県沼津市)と同社の代表取締役を最低賃金法第4条(最低賃金の効力)違反の疑いで静岡地検沼津支部に書類送検した。  同社は美容院の営業を営んでいる。代表取締役は労働者5人に対し、令和元年7~9月分の賃金計約80万円を一切支払わなかった。同社は元年……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ