『製造業』の労働関連コラム

2019.06.18 【送検記事】
労働者が腕の一部を切断 機械止めずに作業させた製造業者を送検 東大阪労基署 NEW

 東大阪労働基準監督署は、平成31年2月に発生した労働災害に関連して、アルミニウム地金製造販売のアサヒセイレン㈱(大阪府八尾市)と同社工場長を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で大阪地検に書類送検した。被災した労働者は、腕の肘関節以上を切断している。  被災した労働者は、トロンメル式選別機という機械の一部であるコン……[続きを読む]

2019.06.11 【監督指導動向】
死傷者数が6.9%増 被災者の半数が50歳以上 群馬労働局・平成30年労災発生状況

 平成30年の労働災害による死傷者数が、前年に比べて6.9%(156人)増えて2432人に――こんな実態が、群馬労働局の取りまとめで明らかになっている。死亡者数は前年と同数の20人だった。  死傷者の多い業種は多いものから順に、製造業(792人)、商業(325人)、運輸交通・貨物取扱業(321人)。製造業では前年から13.6%(95人)増……[続きを読む]

2019.06.11 【送検記事】
派遣2日目で被災 右腕切断労災で霧島酒造を書類送検 都城労基署

 宮崎・都城労働基準監督署は、工場内における安全対策を怠ったとして、霧島酒造㈱(宮崎県都城市)と同社主任を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で宮崎地検都城支部に書類送検した。平成30年11月、同社に派遣されていた労働者が右腕を切断する労働災害が発生している。  被災した労働者は、同社に派遣されて2日目に被災した。焼……[続きを読む]

2019.06.06 【送検記事】
29人の労働者に318万円の賃金不払い 豆腐製造業者を送検 栃木労基署

 栃木労働基準監督署は計318万円の賃金不払いがあったとして、㈱ヨシコシ食品(栃木県佐野市)と同社の代表取締役を最低賃金法第4条(最低賃金の効力)違反などの疑いで宇都宮地検足利支部に書類送検した。  同社は豆腐やゆばの製造販売を営んでおり、栃木県佐野市内の本社工場のほか、東京都の銀座三越に販売所を設けていた。代表取締役は労働者29人に対し……[続きを読む]

2019.06.05 【送検記事】
光線式安全装置を設置せず 指3本切断労災で個人事業主を書類送検 岸和田労基署

 大阪・岸和田労働基準監督署は、平成29年11月に発生した労働災害に関連して、金属製品加工業を営む個人事業主(大阪府泉南市、64歳)を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で大阪地検に書類送検した。  個人事業主は、労働者に圧力能力75トンのプレス機械を使用してアルミ製のはしご部品の加工作業を行わせる際、機械に危険防止……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ