12人に約2カ月分の賃金全く支払わず 居酒屋店を送検 会社は倒産 丸亀労基署

2018.08.24 【送検記事】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 香川・丸亀労働基準監督署は労働者12人の約2カ月分の賃金を全く支払わなかったとして、㈲くらや(香川県丸亀市)と同社の代表者を最低賃金法第4条(最低賃金の効力)および労働基準法第24条(賃金の支払い)違反の疑いで高松地検に書類送検した。

 同社は居酒屋店を1店舗運営していた。同社の代表者はアルバイト9人と正社員3人に対し、平成29年10月1日~11月24日までの賃金を全く支払わなかった。不払い総額は277万3828円に上る。

 アルバイト9人に対する不払いはタイムカードで労働時間が特定できたため、最賃法4条違反による立件だが、正社員3人は労働時間を特定できず、労基法第24条違反による立件となった。罰則は最賃法4条違反が50万円以下の罰金、労基法24条違反が30万円以下の罰金となっている。同労基署は「罰則の重い最賃法違反での立件をめざしたが、正社員は労働時間が特定できなかった」と話している。

 同社は平成29年11月24日に事業活動を停止、30年3月29日に裁判所から破産手続き開始の決定を受けた。不払いは経営難によるものとみられる。違反は29年11月末に労働者から「賃金が支払われない」と申告があったことにより発覚した。

【平成30年8月3日送検】

あわせて読みたい

ページトップ