【ひのみやぐら】創意工夫がマンネリ防ぐ

2019.03.12 【社説】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 安全衛生活動とはマンネリとの戦いです――。以前、事業場を取材していたとき、安全マンからポツリとこぼれた愚痴とも本音ともとれる言葉が忘れられない。例えば建設現場では、日々の業務は安全施工サイクルに沿って行われる。朝礼ではラジオ体操から始まって、本日の作業予定が指示される。元請けからの連絡事項が言い渡されると、数人が集まり危険予知活動を実施して、それぞれの持ち場に就くというのが大方の流れではないか。

 これを毎日同じことの繰り返しで行っているとどうだろう。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成31年3月15日第2326号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ