労災かくしで解体業者を送検 匿名の投書で発覚 穴水労基署

2018.02.14 【送検記事】

画像はイメージです

 石川・穴水労働基準監督署は、労働者死傷病報告を遅滞なく提出しなかったとして、建築物の解体工事などを営む森田工業㈱(羽咋郡宝達志水町)と同社の代表取締役を労働安全衛生法第100条1項(報告等)違反の疑いで金沢地検に書類送検した。

 事件は同労基署に匿名で送られてきた投書により発覚した。投書は同社が労災かくしを行っているとする内容だったという。投書を受け同労基署が捜査に着手したところ、労働災害が認められた。

 労働災害は平成27年9月22日、穴水町内の建築物の解体現場で起きた。60代の男性労働者が解体作業中に建物の2階の床から1階に転落し、左大腿骨骨折などのケガをした。休業期間は4日以上に及んだが、同社は労働者死傷病報告を提出しなかった。解体現場で墜落防止措置が講じられていたか否かと、労災かくしを行った理由について、同労基署は明らかにしていない。

 同社は災害発生から2年以上が経過した、平成30年1月17日に同報告書を提出した。なお、同社のホームページには平成30年2月7日現在、「解体業界にはモラルの低い業者も存在しますが、 私達は法律に沿った工事を行い、 ご迷惑をおかけすることはありません」との記載がある。

 【平成30年2月1日送検】

あわせて読みたい

ページトップ