荷積み中に労働者が死亡 ガラス販売業者を送検 福岡東労基署

2018.02.02 【送検記事】

 福岡東労働基準監督署は、作業指揮者を定めないまま荷の積込み作業を行わせたとして、セントラル硝子販売㈱(千葉県浦安市)と同社九州支社(福岡県糟屋郡)の取締役支社長を労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で福岡地検に書類送検した。平成29年2月、同社労働者が死亡する労働災害が発生している。

 同社は、死亡した労働者に総重量1000キロのガラス入りパレット2組を貨物自動車に積み込む作業を行わせていた。荷台の中央の柱とパレットを括り付けていたロープを保持していたフックが壊れたことによりパレットが倒れ、被災者は地面との間に挟まれている。

【平成30年1月12日送検】

あわせて読みたい

ページトップ