保健所からの通報で発覚 石綿除去作業の届出を出さずに送検 出雲労基署

2017.06.12 【送検記事】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

「工期短縮のため」と供述

画像はイメージです

 島根・出雲労働基準監督署は、石綿の除去作業を行う際に作業届を提出しなかったとして、解体業の㈲ひがし屋物流(島根県松江市)と同社代表取締役を労働安全衛生法第100条(報告等)違反の疑いで松江地検出雲支部に書類送検した。

 同社は平成28122123日、大田市内の工場解体現場において石綿の除去作業を行っていた。同月末に保健所から「石綿を使った建物が解体されている」と同労基署へ通報があったことが捜査の端緒となっている。

 同社は「工期短縮のため書類を提出しなかった」と供述している。

【平成29年6月2日送検】

あわせて読みたい

ページトップ