伊勢神宮灯籠設置団体を送検 労働者に賃金払わず 伊勢労基署

2021.10.13 【送検記事】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 三重・伊勢労働基準監督署は、労働者に対し賃金を支払わなかったとして、灯篭設置に関する事業を営む一般財団法人伊勢神宮灯籠奉賛会(三重県伊勢市)と同法人理事を最低賃金法第4条(最低賃金の効力)違反の疑いで津地検伊勢支部に書類送検した。

 同法人は、伊勢神宮に続く道路への木製灯籠の設置をめざして活動していた。労働者4人に対し、令和3年4月分の時間外労働分を含む賃金約170万円を支払わなかった疑い。資金繰りの悪化により、4月以前から支払いの遅配が続いていた。雇用していた労働者らは徐々に離職していき、今年6月末には全員が離職して閉業している。

【令和3年8月13日送検】

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。