令和4年3月大学等卒業予定者就職内定状況(10月1日現在)―大学生の就職内定率は71.2%、前年同期を1.4ポイント上回る(厚労省)(文科省)

2021.11.19 【労働行政最新情報】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省と文部科学省は、令和4年3月大学等卒業予定者の就職内定状況を共同で調査し、令和3年10月1日現在の状況を取りまとめた。

 大学生の就職内定率は71.2%(前年同期差+1.4ポイント)となった。

 就職内定率の概要は以下の通り。

全体の概要

○ 大学の就職内定率は71.2%(前年同期差+1.4ポイント)。このうち国公立大学の就職内定率は、69.2%(同▲2.7ポイント)、私立大学は、71.8%(同+2.7ポイント)。
○ 短期大学の就職内定率は、33.5%(前年同期差+6.4ポイント)。
○ 高等専門学校及び専修学校(専門課程)の就職内定率は、それぞれ87.1%(前年同期差▲6.7ポイント)、54.7%(同+9.2ポイント)。
○ 大学等(大学、短期大学、高等専門学校)を合わせた就職内定率は68.1%(前年同期差+1.0ポイント)。専修学校(専門課程)を含めると66.8%(同+2.0ポイント)。

男女別の概要

○ 男女別では、男子大学生の就職内定率は70.7%(前年同期差+1.9ポイント)、女子は71.7%(同+0.8ポイント)。また、国公立大学では、男子:68.4%、女子:70.1%、私立大学では、男子:71.4%、女子:72.2%となっている。

文系・理系別の概要 ※大学のみ

○ 文系・理系別では、文系の就職内定率は70.8%(前年同期差+2.1ポイント)、理系の就職内定率は72.6%(同▲1.9ポイント)となっている。

地域別の概要 ※大学のみ

○ 地域別では、関東地区の就職内定率が最も高く、77.6%(前年同期差+3.2ポイント)となっている。

▼詳しくはこちらをご覧ください。

令和4年3月大学等卒業予定者の就職内定状況(10月1日現在)を公表します
https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000184815_00030.html

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。