支払い総額は1億円弱 賃金不払い残業の是正結果 高知労働局・令和元年度

2021.03.10 【監督指導動向】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 高知労働局は、令和元年度の監督指導による賃金不払い残業の是正結果を公表した。是正企業数は121社(前年比1社減)で、是正支払い総額は9683万円(同2448万円増)だった。

 賃金不払い残業の主な原因については「割増賃金の支払いに関する法令の理解不足」が62.4%で最も多い。「労働時間の不適正な把握」は31.2%だった。

 具体的な違反事例も紹介している。「割増賃金の計算において、皆勤手当を算定基礎に参入していない」、「1日の時間外労働時間数が30分未満である場合に、これを切り捨てたために時間外労働時間数に不足が生じていた」などのケースがある。

あわせて読みたい

ページトップ