解体等作業における石綿対策における労働行政と地方公共団体との連携事例等について(情報提供)

2017.10.31 基安化発1031第3号
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

通達ダウンロード

※ボタンをクリックすると通達PDFデータがダウンロードできます。

基安化発1031第3号
平成29年10月31日

環境省水・大気環境局大気環境課長 殿

厚生労働省労働基準局
安全衛生部化学物質対策課長
(契印省略)

解体等作業における石綿対策における労働行政と地方公共団体との連携事例等について(情報提供)

 総務省が平成27年4月~平成28年5月に実施された「アスベスト対策に関する行政評価・監視」の結果に基づく勧告に対する改善措置として、厚生労働省では、石綿含有建材が使用されている建築物等の解体等工事を工事開始前に把握するため、また、事前調査の適正な実施を確保するため、労働基準監督署における取組例等をとりまとめましたので、情報提供いたします。

続きはPDFをダウンロードしてご覧ください。

ジャンル:

あわせて読みたい

ページトップ