設計技術者、生産技術管理者に対する機械安全・機能安全に係る教育に関し留意すべき事項について

2019.03.25 基安安発0325第1号
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

通達ダウンロード

※ボタンをクリックすると通達PDFデータがダウンロードできます。

基安安発0325第1号
平成31年3月25日

都道府県労働局労働基準部長 殿

厚生労働省労働基準局
  安全衛生部安全課長
  (契印省略)

設計技術者、生産技術管理者に対する機械安全・機能安全に係る教育に関し留意すべき事項について

 標記については、「設計技術者、生産技術管理者に対する機械安全・機能安全教育実施要領」(平成26年4月15日付け基安発0415第3号。平成31年3月25日付け基安発0325第1号により改正。以下「実施要領」という。)により示されているところであるが、実施要領の4(4)の運用にあたっては、下記事項に留意されたい。
 なお、関係事業者団体にも別添により周知したので了知されたい。

1 実施要領の別紙2の教育カリキュラムに係る「既存のテキスト」には、以下のものが含まれること。
 (1)共通科目:「機能安全活用テキスト」及び講義用スライド(平成29年度委託事業成果物)
 (2)選択科目1:「機能安全活用実践マニュアル ボイラー編」及び講義用スライド(平成29年度委託事業成果物)
 (3)選択科目2:「機能安全活用実践マニュアル 統合生産システム(IMS)編(平成30年度委託事業成果物)
 (4)選択科目3:「機能安全活用実践マニュアル ロボットシステム編」及び講義用スライド(平成29年度委託事業成果物)
2 1のテキスト等の入手方法
 厚生労働省ウエブページの「機能安全による機械等の安全確保について」に全てのテキスト等が電子ファイルで掲載されているので、必要に応じ、ダウンロードして利用することができること。(https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000140176.html
 なお、当該電子ファイルの利用に当たっては、厚生労働省ウエブページの「当ホームページのコンテンツの利用について」に定められている事項を遵守する必要があること。(https://www.mhlw.go.jp/chosakuken/)…

続きはPDFをダウンロードしてご覧ください。

あわせて読みたい

ページトップ