圧力計等が不良の釜が破裂して熱傷 ベテランが長年の慣れた作業で確認不足

【製造業】【破裂】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

労働災害事例シート

※ボタンをクリックするとPDFデータがダウンロードできます。

災害の発生状況

 食品工場の原料混合炊き上げ工程で、2層式の小型圧力釜(内容積0.2m3)に原料を入れて、ジャケット部分に蒸気を吹き込んで炊き上げる作業で、作業者(男性55歳、経験約25年)が釜のフタを外していたところ、突然大量の高熱の蒸気が吹き出して顔や手に全治1カ月の熱傷を受けました。

 この工程では同様の釜が2基あり、1基の炊き上がりは約1時間30分で、この作業はほとんど被災者1人で行われていました。

災害の主な原因

① 釜の内圧を…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

起因物等:

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。