仕切弁の耐圧試験時に窒素ガスが吹き出し死傷 フタ板が取り付け不良により吹き飛ぶ

【爆発・火災】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

災害事例シート

※ボタンをクリックするとPDFデータがダウンロードできます。

災害の発生状況

 バルブメンテナンス工場において、整備済みの石油パイプライン用電動仕切弁の耐圧試験(3.14MPa)を窒素ガスで行っていたところ、試験治具として取り付けたフタ板が吹き飛び、直撃を受けた下請け作業者の1人が死亡、1人が負傷したものです。

災害の発生原因

① フタ板の取付けに使用したボルトは、…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

起因物等:

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。