溶融釜から溶融アスファルトが吹き出し火災

【建設業】【爆発・火災】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

災害事例シート

※ボタンをクリックするとPDFデータがダウンロードできます。

発生状況

 地下部の床および側壁のアスファルト防水作業を5人で行っていた。

 5人がそれぞれの担当箇所で作業中に、溶融釜が高温になり、溶融アスファルトが吹き出しこぼれ、流れ出した溶材が、断熱被覆材(発泡系)に触れ発煙し、あわてた作業員Aが消火器を持って消火作業を行っているときに、流れた溶融アスファルトに足を滑らせ転倒し、右上腕部と右足大腿部を火傷した。

 火災は、消防車による消火活動で側壁部を焦がしただけですみ、他の4人も煙を吸い込み病院での手当を受けたが大きな障害にはならなかった。

背景

・溶融釜を…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

起因物等:

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。