地下埋設管を破断しLPガス火災に 工事関係者に埋設管の情報が伝わっていなかった

【爆発・火災】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

災害事例シート

※ボタンをクリックするとPDFデータがダウンロードできます。

災害発生状況

 食品工場の敷地内にあるLPガス地下埋設管をコンクリート破砕機で誤って破断しました。破断部より、LPガスが漏えいし、すぐに解体作業員がガス臭気に気付き、応急措置を行ったが、ガスの漏えいは止まらなかったので、従業員が蒸発器の元弁を閉止しました。

 その後、隣接した精米所に滞留していたLPガスに、作業中のフォークリフトに設置されたマグネットスイッチの火花が着火源となり着火しました。精米所は漏えい箇所周囲(屋外)に滞留していたガスが一気に発火して炎上しました。

 漏えい箇所付近にいた工場作業者2人、解体作業者2人、およびフォークリフト作業者1人が火傷を負ったものです。

災害発生原因

① LPガス地下埋設管を…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

起因物等:

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。