熟練の作業者が配線作業中に感電して死亡 停電作業と思い込み活線部分に触れてしまった

【建設業】【感電】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

労働災害事例シート

※ボタンをクリックするとPDFデータがダウンロードできます。

災害の発生状況

 工場内のアウトレットボックス(配線ボックス)内の仮配線を撤去して、新たな配線を結線する作業中、停電作業と思い込んで絶縁用保護具を使用せずに作業を行なったため活線部分に触れ、感電して死亡しました。

 被災者は、作業開始前に顧客である工場の担当者に、停電状態で作業する旨了解をとってありましたが、午前中の作業では充電部分に近づくこともなかったので、停電状態にせずに作業しました。午後、アウトレットボックスでの作業となりましたが、これまで、この工場での作業は停電作業で行っていたこともあり、いつもの通り停電状態であると思い込んでいたものです。

災害の主な原因

① 電気工事には十分経験があり、…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

起因物等:

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。