移動式クレーンのワイヤが高圧線に近接し感電

【感電】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

災害事例シート

※ボタンをクリックするとPDFデータがダウンロードできます。

発生状況

 S造7階建て事務所ビルの新築工事で、地上第一節の柱、梁工事を7人で行っていた。

 工事は順調に進み、エントランス部の柱(H200mm、長さ5.3m、重量約270kg)を移動式クレーンで吊り上げ、仮置き場から据付台座まで被災者が銅材に手を掛け誘導しているときに、移動式クレーンの巻き上げワイヤが、上空の6600Vの架空線に近づき過ぎ、架空電線からワイヤに電気が誘導され、鋼材に流れ感電した。

 ・移動式クレーンの旋回は、常に躯体側を旋回し、外部フェンス側(道路側)を旋回しないことが現場ルールとして定められていた。

発生原因

① 管理的要因:現場付近の電線路に…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

起因物等:

あわせて読みたい

ページトップ